県選手権が明日開幕

第32回神奈川県少年サッカー選手権大会が明日からはじまる。
高学年(6年以下)と低学年(4年以下)にわかれて、開催される。
県レベルの大会としては一番大きな大会だ。
オラんチームも勿論参加はする。
参加はするという弱い表現の事なんだけんど、この意味はかつてほとんどといっていいほど、
結果を残していないのである。

この大会で記憶に残っているのは、遠くまで行って、かならず負けて帰ってくる事だ。
遠くだ。
朝早くから行っていつもやられて帰ってくる!
微妙になんか関係していないかい?

横浜での開催がほとんどない。
高学年を例にとると、32ブロックあって、横浜開催は2会場のみだ。
2会場だぜ!
横浜同士で小田原の先でやるなんて事があたりまえになっている。

この寒い時期にだ、湯河原くんだりまで行って横須賀のチームと試合するなんてことが、
ほんと、意義があるのかと疑問におもっている直助だ。
(湯河原会場の幹事の皆さん、暴言すみません)

明日の試合を楽しみにしている子供達に水を差すようで申し訳ないけんど、ちょっと
考えなくちゃあならん時代に来ているのではなかろうか。
大会が日程的にキツいので、雨でもできる会場の確保やら、駐車場の問題やらで、どうしても
会場が横浜からみると、遠くなるのは致し方ないけんど、もうすこしこの大会も検討の余地が
あるとちゃいますか。

特に、今年は寒波で、日頃でも風邪ひいたりで、メンバー組むのもたいへんで、
無理もさせられん。
楽しいサッカーやって、からだこわしたりではどうにもならんのである。

過去にもオラんチームも強い時期も多々あったけんど、この大会だけは中央決勝トーナメントにいったのは高学年では1度もないはずだ。
相性がほんと悪い大会なのは事実である。

とはいえ、湯河原まで行って、負けてもいいよなんては云えないわけで、勝ってこい!
だけんど、無理は中ぐらいにしておいてね。
by gsfc_aoshima | 2006-01-07 06:58 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/4000239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鹿島学園の総括 鹿島よくがんばったよな >>