オラは「J」を目指す!その3

その3はないと思っていたが、「ほっしー2さん」からコメント頂戴したんで、もうすこし書いてみるずら。

なんで横浜から「町おこしキャラバン隊」を編成して外に出るかというとだ。
横浜には余った土地がないという事だ。
横浜はここ、権太坂でわかるとおり、山坂がいっぱいで平地がない。
ありとあらゆるとこの開発をしてしまったのでグランドをつくるといったら埋め立て地ぐらいしかない。
小中学校のグランドの狭い事、ひどいずら。
先生方の車の駐車スペースもない。
中学校なんぞはグランドに停めている。

「J2」の横浜FCなんぞはいまだにグランドの確保が出来ん。
いくら、「カズ」が中田市長に要請したって、そりゃあ厳しいだいね。
横浜には小学校のチームだけでも150はあるんだから、横浜FCだけを優先させるわけにはいかんし。
おとなの有形無形のチームをいれたらどうなるこんやらだ。

毎回云うが、保土ヶ谷サッカー場なんぞは県の管轄かどうか知らんが、職員の自己満足のサッカー場になっちまっていて、オラのチームなんぞは保土ヶ谷に所属していてもここ何年やったこともない。
平日やらせないんだからどうにもこうにもならんだいね。
子供達にやらせることよりも芝生の管理が重要みたいでどうにもならん。

そういった現実をみると、「ユース』をもつということは、すぐグランド問題に直面するわけで、
現状のままで横浜でサッカーやるかぎりはそういったピラミッドの理想型は望むとこではあるけんど、難しいだに。

横浜よりも人口は小さくても、予算はなくても、土地だけはいっぱいあるでよ!というような所は
日本中けっこうあるんでないかい。
ドラステックにそっちに行ったほうがみんなが幸せになるだいね。

横浜GSはなくなっちまうのかって。
それは勿論なくならんよ。
ホームタウンを変えるだけだから、どうちゅう事もない。
トップだけ移住すればいいわけで、ジュニアやらJr.ユースやら、ユースはそっちでまたつくればいいわけだ。
フランチャイズだな。
いろんなとこにGSが出来ればいいじゃんかよ!
高校問題であたまを悩ましている親御さんも多いわけで、横浜のGSJr.ユースの子は
移住先のほうで面倒見ますよ、地元の高校に入って、寮で生活させてだ、安心ですよといいたいな。
サンフィレッチェ広島みたいな制度がある意味、理想かもな。
一歩進んで考えると、田舎にトップを持っていってだ。
ユースは地元の高校と業務提携してその高校を強くするというのはどうかね。
なにもユースがなくちゃあいけんということもないわけで、移住先の近くの高校を強くする協力をするほうがてっとり早いからだ。
こりゃあ、なかなかおもしろいかもな。

これではその4も明日書くか!
by gsfc_aoshima | 2005-12-24 06:42 | 横浜GSFC | Comments(0)
<< 外池サンタがやってくる! オラは「J」を目指す、その2 >>