アンゴラ戦を違う角度から考察すると

ところでアンゴラとはなんぞいやということで調べてみた。
外務省のアンゴラ紹介ページによるとだ。
ふんふん、ちょっとわかってきたぞ。
アフリカ大陸の西海岸でコンゴの隣で首都はルワンダかよ。
この辺り、アフリカの最貧国地帯で、年がら年中、ドンパチやってる民族紛争の
絶えないとこだな。
ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜日本にいるアンゴラ人はわかっているだけで5人かよ。
ということは、大使館があるんだから、その家族で終っちまう数だいね!

今回のアンゴラサッカーチームは日本とアンゴラの歴史に残る快挙と云っても
いいな。
これほどの団体旅行は過去、なかったんじゃあないかいな。

内戦も終わり、アンゴラの夜明けと云うか、さしずめ、日本の歴史でいうと
明治維新の大久保や、木戸孝允やらの欧州歴訪みたいなもんだな。
それを政府の要人ではなく、サッカー選手が行なった事に意義があると思う。
ある意味、選手達も、つい最近まで内戦のまっただ中にいたということで
平和ぼけしたオラ達にはほんと、想像がつかんわけでして。

平和になったから、サッカーも出来るわけだし、短期間で、ワールドカップに出てくる凄さやら、迫力を感じる。
ほんと、ハングリーなんだな。だから、、どんどん新しいチームがアフリカから出てくると思う。
ただ、大統領の独裁みたいな国のようで、そのあたりが心配だな。

一昨日の試合に応援に来ていたアンゴラの人たちは、たぶん大使ご一家のみで、スタジアムは日本人一色だったのは間違いない。

5人VS52401人。
まあその他の国籍の人も多少はいるだろうから、5対50000の戦いだったといってよいだろう。

あの、青1色をみたら、あのスタジアムを包む地鳴りみたいな大合唱を感じたら、
ほんと、びびるとおもう。

だから、試合全般を通して、ひどい反則もなかったし、ノープレッシャーだった。
ゴール前でもやらしてくれたもん。
結果的にペナの外側すぐでのFKなんかなかったもんな。

それでもいれられなかったFWふたり。
彼らはプロだ。
結果がすべてだ。

高校時代よかったとか、Jリーグの得点王になったとか、そんなの関係ない。
どんな、スポーツでも、それがアマでもプロでも関係ない。
「いま、どうなんだ。いま輝いているのか」ーここが一番重要なことではないだろうか。
だから、結果が残せない高原と柳沢をだめだししているわけでして。

マスコミも、一夜明けると松井絶賛。
あれは目をつぶっていてもはいるずら。
そんなに喜んでいないし、逆に照れてたよな。

勝った事より、今のままじゃあ、本戦のときはアンゴラにも勝てないぞと思ったほうがいいのではないかいな。
アンゴラの選手達、日本に来てサッカーよりもアキバにいくほうがいいと思っているかもしれませんからね。
ファイトマネーいっぱい川淵さんから出ているはずだしよ!
あくまでも、親善試合なんだから負けてもどうちゅうことはない。
外貨獲得だべさ。

本戦では大統領から「勝たないと全員、銃殺刑だぞ」ぐらいは云われてくるだろうからね。
そりゃあ、死ぬ気の度合いが違うわけでして!
負けたら国に帰れない選手と、負けて生卵をぶつけられるぐらいの日本選手との格差。
ジーコも、もっと、あたま、かきむしって考えろよな!
まだまだ、真剣にかきむしっていないぞ。
毛がうすくなってこなくなっているずら。
彼は試合が終わるとすぐブラジルに帰る。
兄貴のエデゥーに任せて。
もっとさがせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
東伏見の早大グランドに来いよ。徳永、矢島をみてくれよ。
ひっくりかえるぞぉ。!!!!
オラがいいたいことは伸びしろの違いをいっているわけでしてね。
そりゃあ現時点では高原、柳沢のほうがいいかもしれん。矢島より。
でもこの200日あれば、使ってくれればなんとかなる。

徳永はなんもいうことない。加地、駒野、話にならん。
格が違う。
もう一度、云う。彼を使わないジーコは罪だと。
by gsfc_aoshima | 2005-11-18 07:24 | どうでもいい話 | Comments(0)