松永章先輩

30年前のスパースター松永章と飲んだ。
天王町のお好み屋で同期の山岡を交えての3人でだ。

もちろん話題はサッカーしかない。
まず、松永じゃんがーの高校時代のこと。
頭の形がジャガイモににているとのことで、中学生の頃からそんなあだなだったらしい。

それから早稲田の監督時代の話。
6年間やったんだが、全てのタイトルをとったという。
11年前にインカレをとり、その翌年2部に落ちた事。

大学時代の話も出た。
大学時代は「あんにゃ」とよばれていたんだが、あんにゃが4年の時、オラ達は2年生。
これといった選手はいなくて、苦しい時代だった。
あんにゃだけが飛び抜けており、あとはどんぐりのせいくらべ。
まして、おらたちはドングリ以下だったし。
そのオラ達が関東とインカレをとった事は知っていたが、オラ達ふたりが試合に出ていた
なんて初めて知ったとびっくりしていた。
あんなへぼだったのに信じられんとも云っていた。

「それは監督だった堀江先生がすばらしかったんだな。
やっぱりサッカーは監督次第でどうにもなるぞ」
との事である。

日本代表の話になる。
この先輩はジーコ大嫌いである。
どちらかというとトルシエが好きなんである。
選手の意見やコーチの意見を
大事にするジーコはだめなんである。
監督に口だすなんて、ふざけるなであるとの事

オラも多少はそう思うが、トルシエはどうかなと思う。
ちょっと彼は極端すぎるから。
ただ、選手の起用については一致した。

DFで徳永と闘利王をなぜ使わんかということ。
宮本、田中、加地あたりでは世界に出た時フィジカルで負けてしまうということでだ。

FWでは大久保、田中達がお好きなようで。
おらも田中達はいいとおもっているんでここは一致した。
とにかく、彼は、FWに関しては高校時代修羅場をくぐった選手しか認めない。
だから、本山も大好きだ。
自分がそうだったように「切れのあるプレーヤーが好き」なんである。

今、あんにゃは北陸代表のエルザの臨時監督をしている。
地域リーグで上位3チームに入るための助っ人だ。
この3チームに入れば来シーズンJFLに昇格できる。
ただ、あまりもメンバーが落ちるんでちょっと苦しいとの御発言である。
「俺が監督なんで、実力以上は確実に出る」とも発言有り。

それから、シニアの全国大会では2連覇しているのは承知の事実で、いまシニア年代では
NO1のCFだから、だれにも文句はいわせんぞぐらいの自負も持っている。
「また、直助のチームを教えにいってやるか」とおっしゃったので、それはうれしい話でもある。
是非、お願いしたいはなしでもある。

けっこう、飲んで、散会する。楽しかったずら。
b0005596_7321866.jpg

あたまこの通り真っ白で,御年57なんだが、切れはすごいぞ。
へたな高校生よりぜんぜんうまい。
確固たる信念を持って、なんでも行動するタイプだ。
誰がなんと云おうとかわらない。
だから、大会社でもけっこう頑張っていらっしゃる。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/3779074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2005-11-16 07:33 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)