元横浜GSFC「コブラ」ヘッドコーチ今井敏明

昨夜、今井から電話が来た。
ほんとだったら、こっちから祝電の一つも打たんといかんのに、先んじられてしまった。
ほんと申し訳ないなと思った。
でも、話が出来てよかった。
ちょっと、声も弾んでいた。
じぶんのことのようにうれしかった。

ちょっと待てよ!
さっきまでは後輩で、親友の元フロンターレの監督の今井がだ、
台湾の代表監督になったのを喜んでいたんだが、
そうじゃあないぞ!
オラのチームのヘッドコーチだった今井が、台湾の代表監督になったんじゃあないかよ!
これってすごくない?

ちょっとぉ、たいへんなことじゃあないかい!
お祝いパーティーをせんといかんではないかい!
出発の前までにぜったいしないといかんぞぉ。
まず、その前に、あすの県リーグ最終戦をぜったい勝つ事がオラ達の使命だな。

今井からは、ご挨拶のメールも来た。
公の文章なんで、一部紹介したい。

突然でありますが、私、今井敏明は、このほど財団法人日本サッカー協会アジア貢献の一環として、台湾にて代表チーム及びユースチームの指導、ならびに現地のコーチ指導の任務を賜り、12月から3ヶ月間現地にて活動を開始する予定となりました。
私は、2月に福島に来て以来「Jリーグチームの創出」という当初の夢を実現するため尽力してまいりました。夢の実現は容易ではなく、今後も幾多の困難があるものと思われます。しかし、「Jリーグチームの創出」は実現できると信じ、これまで以上に活動が活性化するものと願ってやみません。本来ならば引き続き私が任務を遂行することが望ましいかと存じますが、日本サッカー協会への貢献と私自身のレベルアップのまたとない機会と信じ、任務を果たしてまいりたいと決意した次第であります。福島夢集団・ユンカースの監督は、本件が終了後引き続き行う所存であります。なお海外の例ではありますが、元韓国代表監督のフース・ヒディング氏は現在オーストラリア代表とオランダ・PSVの監督を兼務いたしております。
中略
私は、福島での「Jリーグチームの創出」という夢を実現するため、今後とも力を尽くす所存でございます。福島に帰りました際には、さらなるご支援ご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。また、皆様のご健勝とご活躍を心よりご祈念申し上げます。

なかなか、いないぞ、こんな男は!
オラぁ 、こんな親友を持ててほんと幸せだ。

幸せついでに、今日、嵩太の育英が決勝で勝ってくれりゃあもっと幸せ度が
グィ〜〜〜〜〜〜〜んとアップするずら。
嵩太も昨夜、電話くれた。
「勝ちます」という強い言葉だった。
苦しかった3年間のある意味、総決算の11月12日だと思う。
フレーフレー嵩太!

オラも、新幹線「とき」に乗って前橋に参上だぁ。

それから、今日は2つの大会がある。
キッズはTV神奈川杯。Jr.ユースはリーガトレーゼの1年生大会。
どちらも、ほんとはオラが顔出さんといけんが、教え子達が監督として頑張ってくれているから
安心してほっつき歩ける事ができるということを忘れちゃあいかんな。
渡邊と石川にも感謝だな。
それからほかのスタッフにももちろん感謝であります。
ありがとう、GSFのみなさん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
こんないいかげんでやりっ放しで、はしごはずしまくりのおいらに付き合ってくれて。
感謝してるだよ。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/3760651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2005-11-12 06:23 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)