コブラVS早稲田

2シーズンぶりの練習試合だ。
前回は0−6だった。早稲田のメンバーはC中心のBちょこちょこでも完膚なきまでに
やられた。
後半、どたばたになってしまった記憶がある。
相手のレベルもそう高くはなかったはずだが、とにかくうちが弱かったという記憶しか無い。
早稲田も都リーグで低迷していた最低の時期にもかかわらずだ。

今回はどうだろう。
うちのチームもこの2年でけっこう様変わりして強くなってきた。
県リーグ戦でも1部を狙えるところまで来ているし、モチベーションも高い。
対する早稲田はどうだろうか。
関東2部とはいえ、1部でだんトツな駒澤を公式戦で2度も破っている。
リーグ戦でもこのままいけば、1部に昇格は間違いない。
Aにいる連中には全国をわかした選手も多い。

今日の試合はそのAを2つに分けた時の下の連中だ。
ほとんどが、公式戦にはでてくる輩で、なんとかレギュラーをとねらっているのばかりだから
もちろん本気モードでくる。松橋や金田は警告累積で今週の試合に出れないので、こっちに出てきた。

どこまでうちが耐えられるか、集中を切らさないか、
失点した時、どこまで、その集中をきらさないか、そのあたりにかかっていると予想していた。

早稲田のホームページから引用した。
早稲田大学 vs 横浜GSフットボールクラブコブラ
2005/10/9 12:30 kick off 45分×2
@東伏見

早稲田大学 6(4-0、2-0)0 横浜GSフットボールクラブコブラ
得点
21分 早稲田 長沼圭一(首藤豪)
23分 早稲田 前田亮
25分 早稲田 前田亮(首藤豪)
28分 早稲田 島村毅(前田亮)
54分 早稲田 長沼圭一(前田亮)
56分 早稲田 松橋(前田亮)

早稲田メンバー                                        
GK伊藤拓真(前橋育英)                                        
DF山口貴弘 (帝京)                                            
DF浅川智 (前橋育英)                 
DF岡佑亮(草津東)
MF岩田啓佑(フロンターレ)
MF松本征也→HT金田隼輔(星稜)
MF首藤豪(ジェフ市原)→HT後藤秀平(早大本庄)
MF中島健太(早稲田実業)
MF長沼圭一(多々良学園)
FW島村毅(早稲田実業)→HT松橋優(国見)
FW前田亮(都駒場)

コブラメンバー
GK小林(法政二高)
DF三橋(法政二高)
DF中里(逗葉)→渡邊(日大藤沢))
DF岩間(法政二高)
DF入田(三浦)
MF角田(日大藤沢)
MF田辺(逗葉)
MF武(法政二高)
MF江原兄(逗葉)→HT猪野(日大藤沢)
FW守屋(フットワーク)→小野寺(かながわくらぶ)
FW江原弟(三浦)

前半、試合開始から20分まではそこそこのサッカーをやってくれた。
4:6ぐらいの試合展開だったが、21分左サイドをやぶられて失点してから、またたくまでの4失点、ほとんどおんなじところからやられる。
その後は、開き直ったのか、またペースをとりもどしたが、このわずか6、7分の間はDFラインの統率やら、コンビネーションもまったくなく、悪夢をみているようであった。
「ずたずた」という言葉があてはまるみごとな?守備ぶりだった。

後半も、失点場面は同じく、ちょっとのひらきもなく連続失点をする。
その後は、GK小林の、やけのやんぱちかなんかしらんが、ほとんど神懸かり的な好守備もあって、失点を許さなかった。

県リーグとの大きな違いは寄せの早さと、ロングの正確さだろう。
特に、サイドへの大きくて、正確なパスは、守備陣には体験していないことであったので
そうとう、守り方で戸惑ったと思う。
早稲田の寄せの早さは、うちでもこれから取り入れる事の出来る要素だと思うし、集中力さえ、維持できれば、県リーグぐらいなら、うちでも十分やれるというのがわかったはずだ。
やられはしたが、大きな収穫も得れたので、残り3戦頑張るしかないな。

勝利あるのみだ!

うちの試合に集中していたので写真をとるのを忘れていただいね。
コブラの試合の後、FC東京ユースとの試合もあり、徳永と、兵藤も出てきたが、
徳永は余裕ぶっこいてプレーしていた。
気合いを入れている時の凄さはみるものを驚かせる。
2点入れたが、シュートもまあうまいもんである。
矢島も3ヶ月ぶりに出てきたが、こいつが復調してきたら、相当楽しみも増えるな。

b0005596_710696.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-10-11 06:27 | 横浜GSFC | Comments(0)