保土ヶ谷大会Lの部予選リーグ

昨夜は朝方2時まで飲んでしまい、更新が遅れる。
だいたい、夜は8時か9時には寝てんだから、2時なんてはもう起きだす時間である。
久しぶりにというか、1年ぶりというか朝9時まで寝てしまった。
時差ぼけみたいで体が重いずらよ。
それにしても、咳き込みながらカラオケやるのもけっこうかったるいもんがある。


保土ヶ谷大会は毎年8月末に予選リーグと決勝リーグが続けて行なわれる。
今年は芝生のグランド=長阪谷公園グランドがいちにち取れたというんで、1ヶ月、間があく変則的な大会になった。
でも、昨日は涼しくてゲームをやるにはとってもいい状態で試合が出来た。

区内12チームを4ブロックに分けて行なわれる。
今回、うちからは2チームが出場した。6年と5年の単独チームだ。
予想ではAチームはなんとか勝ち抜けるだろう。Bチームは対戦相手からするとちょっと厳しいかなという予想だった。
なんてったって、この時期の1年はけっこうからだの差が出始める頃である。
秋になったらもっとすごくなって、年明け頃にはびっくりするぐらいでっかくなる子もいる。

結果は,GS A6−0坂本、GS A1-1桜ヶ丘、GS B0−7藤塚、GS B1−5帷子
Aチームはやっとこさ及第点、Bはよく1点取ったな。こんな感想だ。

午後から、仕事がはいっていたので、Bの試合を見る事が出来なかったのが残念だ。
Aチームはうちの特長でもあるサイドからの切り崩しのパターンが随所に見られ、見事な攻撃だったと思う。
バックも真ん中のふたりのバランスがよく、坂本戦は1本のシュートを打たせなかったし、桜ヶ丘戦も最初で最後のうたれた1本が入ってしまったという具合で、よく守っていた。
からだが大きいのがいるわけではないが、ちいさいのが粘っこくからだをはるプレーは好感が持てた。

夏休みは合宿を兼ねた森孝慈杯に出場し、そのあと保土ヶ谷大会の決勝リーグがあるわけだが、サイドのふたりをいかした攻撃を徹底したら、おおいに楽しみになってきそうな気がするだいね。
それにしてもだ。江成が左足ワントラップで相手をかわしてその体勢のまま、左足での右へながしたロビングと大森がこれを受けてドリブルシュートの5点めは気持よかったなあ。

b0005596_10255316.jpg
b0005596_1026884.jpg
b0005596_1026513.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/3178397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2005-07-24 10:32 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)