夏だというのに春季リーグ第2節

ジュニアユースの春季リーグがやっと再開された。今年から2期制になったので中学校の前期試験がバラバラなのと,学校行事が春は特に多く試合の調整がつかないのである。幹事の苦労がしのばれます。

 7/3(土)AM10:30キックオフ 会場 保土ヶ谷高校
       対戦チーム CANARIO FC
結果 横浜GS3(2ー1)3 CANARIO FC

 後半開始早々3点目を大西のヘッドが豪快に決まったので楽勝と思われたが結果的にコーナーキックからの3失点で引き分けてしまった。久しぶりの試合で最後はいっぱいいっぱいだったが課題はわかっているので次回には修正してくれるものと確信していますが、どうでしょうねえ。

 ご父兄のみなさんも大勢応援に駆け付けてくれたのにちょっともうしわけない気分です。
 飲水タイムをとるほどの暑さだったが選手はそれなりに走っていたし,声もでてたと思うのでまあ良しとしよう。

次節は7月10日(土)本蓼川グランド....ここの砂埃は凄まじい,顔まっくろで鼻の穴までやられる。女性は車から出られません。
 
by gsfc_aoshima | 2004-07-04 18:28 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/3115683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ユーロ2000はギリシャ イタリアの至宝 コッリーナさん >>