今週の中村俊輔

 ヨーロッパサッカーが本格的に始まったわけであるが、いろんなことが早くも起きている。
レアルのカマチョ監督が不振を理由に辞任するようだ。あのレアルでさえ、いったんリズムを崩すと勝てなくなってしまう。サッカーって微妙なスポーツなんで、個人の能力以上にチームのバランスが要求されるスポーツである。
 選手の試合途中での気持ちが、もろに試合を左右するのである。いろんなことが試合前からあると、ほんと集中できなくなってしまうのだ。もちろんサポーターにも即座に反応してしまう。

セリエAでのローマもひどいすべりだしである。チャンピオンリーグではサポーターの投げたものが主審にあたり、試合が没収されてしまった。またBから昇格したばかりの柳沢のいるメッシーナに4点もいれられ惨敗である。経営問題で物議をかもし、選手が大量に出された影響なのだろうか。ひどすぎる現状である。

ところで、われらが俊輔はどうだろうか。TVでやらないのでよくわからないが、イタリア各紙の寸評はまあまあで、チーム的にはポジションも確保でき、そこそこ頑張っているようである。
俊輔のボールキープ力とキックの正確性、それからパスコースのうまさ等、セリエAでも抜きん出ていると思う。中田が剛とすると、柔かもしれないが3シーズン目は強さも兼ね備えたプレーヤーになってもらえたらなとおもう。

スカパーも入っているのだがちょっと高いし、見る暇もないので(早く寝てしまう−ビデオでは緊張感がないので見たくない)いまでは基本料金だけの状態が1年も続いている。
スカパー復活も俊輔と中田次第である。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/311001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2004-09-21 06:56 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)