ジュニア保土ヶ谷大会LLの部予選リーグその1

横浜市のジュニアは1,2年生の部をSL、3,4年生をLL、5,6年生をLと呼んでいる。
6/20にLLの保土ヶ谷大会予選リーグが上菅田中学で行なわれた。
区の12チームがそろい踏みだ。人数が少なくての混合チームもなく全チームが出てきた。
GSFCの発祥もここが原点だといってよい大会だ。

2週にわたって、予選リーグ、決勝リーグと続く。
勝ち上がる事も大事だが、一番は楽しくやることだ。この大会も20年の長きに渡って続いているが、まあ各チームが勝負よりも交流を第1においているんで、大きな問題も出ず続いているのがいい。
勝つにこしたことはないが、それだけではない気がする。

各チームの代表の人があんまり勝負にこだわらなくなった気がする。
だから、区のレベルが少し下がっているなというのも感じるのである。
なかなか難しいことなんだけど。

GSのブロックは藤塚キッカーズと坂本SCとの対戦だ。
こちらは、全員4年生で人数もうじゃうじゃいる。

最初は藤塚戦だ。

b0005596_6275714.jpg
b0005596_6282627.jpg
b0005596_6285372.jpg

やっぱり、このぐらいのクラスのサッカーは見ていて楽しいな。
試合分析よりも子供達の溌剌としたプレーを見入ってしまう。
もちろん、溌剌の中には好プレーや素晴らしいシュートがあるが、どちらかというと珍プレーというか、おもいがけないプレーがないかわくわくしながら見ている自分がいる。

この試合は5−0でうちが勝った。
浜田が2点、小田原が3点入れた。
試合は勝つには勝ったが、動いている選手がいつも3,4人で個人の単独能力で試合しているように見受けられた。
がんがん前に行く気持は、とっても大事だが、廻りを使って前に進む事ができるようになれば、もっといいチームになるだろう。
そのためにも、チームとしてのさらなるレベルアップが必要かもな。
b0005596_6565317.jpg
b0005596_65747100.jpg
b0005596_658651.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-06-21 06:30 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2977255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 保土ヶ谷大会その2 変身!日本代表 >>