日本のフォワード

フル代表もあれだけ球回しに精出していたら、やっぱり難しいだよ。
無理して突破したり、敵の人数が少ない時に頑張らんと。!
いつも云うんだが、敵より少なければまず得点できないんだから。
3対3の場面になるとけっこうチャンスだし、3対2になれば絶対的に有利になる。
そういった場面を作れる人が少ないんだな。

今回も点入ったパターンは小笠原が前方にフィードしたときにもう、勝負がついていたようなように、ああいう場面をもっと作らんと。
加地の前に敵がいない時にパス出さんと!
加地は前にふたりいたら絶対バックパスだもん。

柳沢もアジアレベルだったらFWとして通用しても、ワールドクラスの試合になった時には無理ではなかろうか。
イタリアではFW失格でサイドのMFやってるはずなんだから。
得点した場面もまともに足当たらなかったから入ったようなもんでワントップは所詮思いつきの域を出ていない。

今回、鈴木はFWの格付けとしては、柳、ダイコク、たまの次の4番手になってしまっている。
まして、鈴木を交代要因で置いておくなら、それは意味のない事である。
先発に使って、ポストとして当たられ役としての価値しかないんだから。

もはや、新しいフレッシュな若手でポストを出来るヘッドの強いのを持ってこないと、ワールドカップも参加するだけで終わってしまう可能性が大である。
メキシコの正確なパスー日本なような球回しとはちょっと違うーそして大事なときでの頭でのズドン。サッカーの基本中の基本だと思う。
きっと中田もその辺りをいいたいのじゃあなかろうか。1対1で勝つという事は。
なにも敵対した相手をぬくという事だけではないような気がするのである。

その可能性のあるのはどう見渡しても平山しかいないのである。
平山が鹿島の強化指定選手にならなくても、ジュビロに行こうとしても、フルで使ってみたらどうだい!

鈴木のアタリに強いのはたぶん日本一だろうが、すぐ倒される。倒れたらFKになるからそれはそれで価値はあるが、どうやってもそこでは中村も届かんだろうという場所なんだから。
前向いて勝負できないし、後ろ向いてるから怖くないし、今云ったようにゴール前で反則もらっているわけでもなく、どうも時代遅れかなあと云う気がするのである。
あの日韓ワールドカップのベルギー戦の得点もどちらかというとあたりそこねのラッキーという奴だったし。
前回のワールドカップからの伸びシロがなくなっているようなのである。

高原にしても安定感がないしトップで張るようなタイプではない。タッパがない。
ブンデスリーガもかつての面影はなく、スペインや、イタリア、イングランドのリーグの下ではなかろうか。ましてやハンブルガーSVはそのなかでも中なんだから、たいしたことはないんである。

今、日本でほんとの意味でトップ張れるプレーヤーは久保しかいない。
久保の本調子でない現実を鑑みると、早急に対処しないとドイツは期待できそうもない。
平山は表情が乏しいというか、怒った場面や倒されたシーンが少ない。飄々とやっているように見えるのだ。
裏を返せばフィジカルがめちゃめちゃ強いのかもな。あるいは体の入れ方が天才的にうまいのかもな。

ブラジル相手にヘッドで勝てる気がしてこないし、ギリシャにしてもちょっといまのFWじゃあ、点入らんぞというのがはっきりしていないだろうか。
ただ、ギリシャはユーロで勝った時に比べてだいぶ力が落ちているようだ。
もはやセットプレーだけが頼りになっている。
だけど、ゴール前で反則もらえる確証ないし、CKには中澤いないと無理だろうし、ジーコも髪の毛むしる日々が続くことは間違いない。

今週末のサッカーは、
4年生が保土ヶ谷大会予選リーグ、Jr.ユースが春季リーグ第3節、トップのコブラが県リーグ湘南FC戦。
帝京三高が決勝リーグ、鹿島学園が準決勝の水戸商業戦、前橋育英がいよいよ登場。逗歯も金井もいよいよだな。
武男のVファーレン長崎は熊本で九州リーグだ。外池はねんざでパラリンで心配だ。
早稲田は総理大臣杯の予選、国士舘大との準決勝だ。
夜中はもちろんスカパーでサッカー三昧だが眠いので、朝早く繰り返しやっているのを見ているだいね!、
by gsfc_aoshima | 2005-06-18 06:54 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2957091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< U-20の諸君!お利口さんの仮... 中澤観音菩薩がいないとだめかもな >>