こんなに簡単にドイツ行き決定かよ

なんともあっけない試合だった。前半は見せ場なく、これがワールドカップを戦うチームかよと疑問も投げかけざるを得ないようなおそまつな試合運びだった。
後半はそれでも、戦う姿勢をみせたが、相手のレベルの低さも手伝って、なんとか2点をもぎとった。

正直、感動もなんもない幕切れだった。直助的にはだ。
勝つのが当たり前というか、日本もアジアではほんと、強くなったのだろう。
イラン、日本、韓国、サウジアラビアの4カ国と他のアジアの国々との差が相当出てきたなということかな。
自国で勝負しているだけでは勝てないぞと証明なんだろうか。
中田、中村、小野、高原なんかがそろい踏みしないとアジアで勝てても、本戦ではほんと苦しいかもな。
申し訳ないけんど昨夜のメンバーでは到底予選を勝ちあがるなんて気は起きてこないのである。

FWではもう鈴木はいらないかもな。通信簿は」5」久保が復活すればおとされる。
福西もあんなちんたらやってばかりで、くるしくなるとファウルではちょっとやばいかもな。「5.5]
加地も前に勝負かけたのは前半の1回だけで、あとは球回しとバックパスのみ、あれじゃあ
いくら性格よくてもだめだべさ。通信簿は「5」
いい性格と云うか、まじめだけじゃ通用しないだら。こちとらの体内に活性酸素大発生で体に悪くなるずら
中田浩二もフランス行ってうまくなって帰って来たのかと思ったら、ミスばかりで、オラだったら前半で替えている。右からセンターリングを上げられて、ヘッドでシュート打たれた場面なんぞはひどかった。
試合感がなくなっているというか、とにかくひどくてあれじゃあ「4.5」だべさ
あそこで三浦アツがでれないじゃあ、アツの前途も厳しいなあ。どうして使わなかったんだろうかよくわからんぞ。
もはや、マルセイユでキンパツ漬けになってたのは間違いないダラ。!
川口も、後半のシュートは良く反応したとおもうけんど、彼の特徴でもある、味方の選手が失敗したときの罵り雑言と、自分が失敗したときの「マアマアマア!」が出なくなっちゃって川口らしくもないのがちょっとばっかし残念ではあるが。「6」

そのほか、いろいろあるけんど、おめでたいことでもあり、このぐらいにしておこう。
それにしても、中田ヒデがあんなにもさわやかで、慈愛に満ちた、やさしい顔をしていたのに直助は感動した。試合に出ていなくても、ヒデに「7」。
やり遂げて、あとはまかしたよということか。
昨夜の北朝鮮戦での印象ベストは中田ヒデだったかもしれません。

北朝鮮には神様がふたりしかいない。金日成大菩薩と現人神の金正日だけだが、こちとらには、観音様から、弁天さんやら、菅原道真やら、明治天皇やら、はたまた靖国神社なんかにはいっぱい神さんがいる。ジーコジャパンには大黒様までいる。
神さんの数でも圧倒で負けるわけがないとは思っていたがな。

それにしてもジョホールバルの時は感動で娘3人と肩抱き合って泣いたりしたが、昨夜はそんなこともなく、ひとり静かに余韻を楽しんで、ドイツに想いを馳せていたずらよ
by gsfc_aoshima | 2005-06-09 06:58 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2903466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 観客いなくてやっぱりみんな盛り... 座して待つ北朝鮮戦 >>