選手権決勝

1月8日高校サッカー選手権決勝前橋育英vs流通経済大学柏の試合をTVで観戦。
育英にはうちのクラブの選手が現役で1名,OBにも5名いる。
山田監督は育英の校長先生でもあり、面識ももちろんある。
2チームの準決勝をTVで見た時、育英かなと思ったが、選手権ではまだ1度も優勝してないんで、結構勝負弱いのか、縁がないのかもしれない。そこだけが不安要素だなと!

試合を見ての感想

まず第1に思ったのはうちのチームを除いて今年見たサッカーの試合(国際試合、海外の試合を含めて)で一番面白かった。
日本代表の試合を見ても全く面白くないのは自明だが。
これではJの下部組織でサッカーやるより、部活で高校選手権目指しちゃうんだろうなと!

1、凄いと思ったのは両チームとも足が最後まで止まらない。
連戦連戦できて、あの舞台であれだけ走ってもまだ走れる。

2、両チームとも集中力が途切れない。
得点シーンの時だけ、柏の三本木君はワンマークの相手、育英の飯島君から離れて前を向かれた。シュートを打たれ、身体で止めたのだが、こぼれたボールで榎本くんにゴールを割られた。
ワンマークのおかげで飯島くんはなかなかチャンスがなかったが、あのシーンは延長が頭によぎって三本木くん甘くなったのだろう。
ワンマークの分だけ柏は攻撃力が弱まったと思う。

3、育英の2枚のDFの凄さ。もはや高校生の域を超えていた。どんなに強い高校でも、柏でも2枚はいない。

4、育英のパスの正確さ、ボールを止める技術、ボール奪取力等、本当にバランスが取れたチームだった。もう一度大会やっても優勝すると思わせるチームだった。

山田先生お疲れ様でした。おめでとうございます。
b0005596_14103473.jpg
b0005596_14103966.jpg
b0005596_14100931.jpg



トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/27994202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2018-01-12 14:22 | 高校サッカー | Trackback | Comments(0)