死闘というのはこういうことを言うのか

浦和レッズがアジアを制覇し、浦和の町は大変なことになっているが、それは浦和だけのこと。
日本のアマチュアの世界ではマニアックかもしれないがそれ以上の盛り上がりを見せている。
世界一ハードなJFLへの昇格戦。
それが今年は今日の最終日を迎えても4チーム中2チームがやって見ないとわからない状態だ。

この大会は延長がなく、90分が終わると即PK戦。
点差がついた試合は勝ち点3、PK戦で勝利すると勝ち点2、PK戦で負けると勝ち点1。
2日間、4試合で3試合がPK戦。
一応ここまでの成績は
テゲバジャーロ宮崎 1勝1分1PK負け 勝ち点4、得失差1
コバルトーレ女川  0勝2分2pk勝ち 勝点4、得失差0
VONDS市原     0勝2分2PK負け 勝点2、得失差0
アミティエ京都   0勝1敗1分1PK勝ち 勝点2 得失差−1

そして本日の試合は宮崎vs市原、女川vs京都
引き分けでなく1点差でも勝ったら昇格できる。

3連ちゃんで体は悲鳴を上げているに違いない。ストレスで心も体も爆発寸前だ、
天国と地獄の結果は今日。
市原の試合は2試合目。最後の最後で地元でやってくれるのではないかと信じている。
お願いしますだ。火事場のバカ力だ。市原様!!!
関東のサッカー人は全員応援しています。

それにしても宮崎さんの名前は絶対覚えられない。
そして絶対かけない字が匝瑳、そして読めない。千葉県の市だ。ついでにこの市は上水道がないらしい。

うちのチームはコブラ。覚えやすい!!
但し、由来も意味もほとんどない。
 

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/27773539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2017-11-26 07:19 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)