2017関東リーグが終わった!

9月24日の第18節vsTUYの試合をもって2017年関東サッカーリーグ(2部)のリーグ戦が終わった。
最終節にふさわしいドラスティックなゲームだった。
誰しも予想もつかない結末で、その日は脱力状態というか、こんなに疲労感の残る試合もかつてない。
50年以上サッカーの現場にいて昨年の関東社会人大会の準決勝、ザスパクサツチャレンジャー戦に匹敵するようなゲームの流れだった。
いい勉強をさせてもらったと前向きに考えたい。でも悔しい!!
詳細は別の機会に綴るとしよう。

この結果、関東サッカーリーグの最終順位は次の通りとなった。

 1位 東京国際大学FC   12勝3分3敗 勝点37 差+21
 2位 tonan前橋     9勝4分5敗 勝点31 差+5
 3位 TUY         9勝3分6敗 勝点30 差+17
 4位 早稲田ユナイテッド   8勝4分6敗 勝点28 差+8
 5位 神奈川県教員SC    8勝3分7敗 勝点27 差0
 6位 エスペランサSC    6勝5分7敗 勝点23 差+7
 7位 横浜GSFCコブラ   6勝5分7敗 勝点22 差-1
 8位 FC KOREA    6勝5分7敗 勝点23 差-3
 9位 東邦チタニウム     5勝2分11敗 勝点17 差ー17
10位 日本工学院F・マリノス 3勝2分13敗 勝点11 差-36

前期は勝点はたったの5点で最下位。他チームから見れば降格の安牌だったに違いない。
後期は狂ったような18点。阿修羅の戦いをしてくれた選手諸君に感謝したい。

7位というのは通常ならば降格にはならない。
今シーズンは上位カテゴリーでもあるJFLに壮絶な順位争いがあり、関東の2チームが最下位とブービーにいる。
このままいくと関東リーグに落ちてくる可能性があり、その場合は関東社会人大会の2位のチーム(昨年のうちのチームの順位)と12月24日に入れ替え戦が待っているのである。

これを避ける条件は
1、JFLの八戸か今治が4位以内に入ってJ3に昇格する。
2、JFLに関東のチーム(VONDS市原)が地域リーグ決勝で2位以内に入って昇格する。他の関東のチーム(5チーム)も10月に行われる全社で3位以内に入れば地域リーグに出場できるがこちらはハードルが高い。どちらにしても地域リーグ決勝大会は死の大会と言われるほど厳しい大会で予想はつかない。
3、JFLの栃木ウーヴァかブリオベッカ浦安のどちらかが下から3番以上になってもらう。

どれか一つで入れ替え戦がなくなるわけで、ほんとよろしくお願いしたいのである。

JFL次第で下位のカテゴリー全てが玉突き状態で降格する。
うちを含めとりわけ神奈川県のサッカーチームは枕を高くして寝られない状態が年内続くわけである。
これは違う意味でストレス極限状態ではあるが、そんなことばかり嘆いていても仕方ないので入れ替え戦を楽しむんだと切り替えたい。
今までやってきたように常にチームの質を上げることを目指せば結果はついてくると確信している。

応援いただいた皆様に感謝申し上げます。
b0005596_08590545.jpg
b0005596_08442436.jpg
b0005596_08441793.jpg
b0005596_08590130.jpg



トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/27152060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2017-09-26 08:59 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)