日本代表より面白いゲームだった

CWカップ、鹿島vsレアルの決勝は2−2の同点の末、延長戦でロナウドの2点を追加したレアルが世界一のクラブになった。
後半終盤のセルヒオ・ラモスの金崎への後ろからのファウルは完全にイエローだったと思う。
この時間帯、レアルはなぜかおたおたで、足も止まっていたし、10人になっていたらどうなっていただろう。
レフリーがカードを出す仕草をしたのに、無線でストップでもかかったのだろうか。
10人になっていたらトドメを刺すことができたかもしれない。
そのぐらいレアルにとっては絶望的なファウルだっと思うのだが。
延長になって息を吹き返させてしまった。

結果はともかく鹿島は本当によく頑張ったと思う。
今の日本代表よりいいサッカーをやってると思うし、代表に勝てるかもしれない。
Jリーグもバカにできないということだと思うし、欧州で試合に出ていないような選手を使うこともない。
DFとボランチを総とっかえしてもいいのではないだろうか。それに金崎を入れて7人先発で使ったら!

サッカーって本当に奥が深い。
b0005596_8513692.jpg
b0005596_8512388.jpg
b0005596_851116.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/26486304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2016-12-19 08:54 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)