「早稲田と人生劇場に生涯を賭けた男」だと!

林和利さん(名古屋女子大教授)が著者の本が刊行された。350ページの壮大なものではあるが、これがまた、驚くなかれオラの賢弟の伝記だそうだ。

まだピンピンしているのに、「生涯を賭けた」青島秀樹伝。
題名がすごくて読まないわけにはいかないのである。

推薦人は畏れ多くも早稲田大学総長鎌田薫先生。
その推薦文が「多くの早稲田人を魅了した青島流『人生劇場』口上の誕生と秘話が記された一冊」

秘話なら、なおさら読まなくてはいけないが、最後の「一冊」の前に感動とか珠玉とかの御言葉がないのが気にはかかるが。

ということで1冊でいいのに、10冊ほど弟から送られてきた。
オラの写真も使われていた。

家族をポイと捨て、名曲「青春時代」を死ぬまで追いかけている男の生き様なんだが、ここまでやり切り続けていると、どこか間違ってはいるのに、ホンモノだという人も出てくる。
アホは死んでも治らないのお手本なんだがよ!!

とりあえず腕を組み続けて40年、人生劇場を詠ってきたことで、怪しげではあるが家元にまでなった。

どうしても読んでみたいという、もの好きな方はまだ9冊ほどありますので当方まで。
1冊は釣りバカ仲間の平塚様に進呈。
aoshima11@gmail.com

ちなみに発行者は辰己坊(しんしぼう)
b0005596_9274325.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/26192308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2016-09-14 09:30 | 人物 | Trackback | Comments(0)