指導者とは

所ジョージさんの番組で'笑ってコラえて!音楽祭 マーチングの旅というのがあった。
高校吹奏楽部のマーチング編である。
これをみてからオラは隠れファンになり、youtubeでしょっちゅう見るようになった。

とりわけ福岡の精華女学院高校吹奏楽部が一番のお気に入り。
マーチングの隊列、演奏のレベルの高さ、もはや女子高校生という枠を超え、おったまげる存在なのである。
10年以上、全国金賞を続けている。
その精華を引っ張っていたのが、音楽教師の藤重佳久先生。
TVに何度も出ているし、可愛いとっちゃん坊やみたいな先生なので記憶されている方も多いだろう。

先生が2015年3月で定年というのを知っていたが、どうされていたのか気にはなっていたが、ほとんど忘れていた。
何気に思い出し、そうだそうだ先生はどうされているんだろうと!
調べたら、長崎の活水中学高等学校に音楽の先生になっていた。
県大会にも出ていないような吹奏楽部をわずか4ヶ月の練習で県で金賞、そして九州大会であの精華を蹴落として九州代表までになる。
1年もしないで全国へ。
県の1回戦負けのチームがあれよあれよと全国に出るということ。
いや、ほとんど登録もしていないような同好会のような素人集団。
それがそれがだ!
前編がこちら

後編

半年で素人がここまでなるという。
2016年も県代表で九州大会へ進むことが決まっている。
50校から3校が九州大会への狭き門である。

指導者ってなんなんだろう!
藤重先生のこれからも楽しみである。

精華は吹奏楽では全国に行けなかったけどマーチングでは全国金賞を取っている。
これもよかったなと!


by gsfc_aoshima | 2016-07-28 13:54 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/26056753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 7月の縁日 スカウティング >>