市民大会その2

横浜市民大会社会人の部準々決勝vsエスペランサSCとの試合前のミーティング。
毎度、監督のおらは細かいことは言わない。

毎回、3点ほどをごくごく簡単に話す。
もちろん同じことを毎度毎度徹底させる。
小学生でもわかる簡単なこと。
おらが言ったことをきちんとやればそうそう失点しないからやり切れと言っているわけである。

5点も注意事項を言ったら、選手のみんなはパニクるだろうし。

だからこの日はさらに短く2点。

コーナーキックを気をつけろ。ゴール前に殺到するのでそのこぼれ球に注意

相手7番50番をとにかくケアしろ。ーここを抑えられたら勝てる。
7番のドリブルと50番の右足だぞ

これだけ。

あとは毎度の約束事を2点ほど。
何かって?言わないよ!

開始6分でGK阪口のゴールキックをFWの渡辺悠太がパパにダイレクトで落とす。
パパは瞬間的にフリーになり独走でゴール。

ゴールエリアから、絵に描いたようなわずか5秒かそこらだった。

今日はいけるぞと思っていたら、
7番にボールが行き、ドリブルからシュート、こぼれたボールを50番がゴール。
後半、初めて与えたコーナーキックをキーパーのパンチングボールの折り返しを50番がヘッドでゴール。

同じぐらいのチャンスもこちらにもあったがゴールを割れなかった。

気をつけろと言ったことがすべて大当たりで、それでも負けた。

やっぱしスカウティングは大事だと思った。
また出直しだが手応えはある。今シーズンも楽しみだ

それから我がチームの誇りみたいな選手がいるのでご紹介
セネガルから来ている、ジェイ・パパ・バカリ選手37歳。
チームに入ってもう5年ほどになる。
セネガルの元プロなんだが、年々上手くなってきているのは驚きだ。

パパの自慢はフランスのASモナコに入り損ねたことらしい。
みんなの手本だ。汗もよくかいてどこまでも追っかける。
若手よりも一生懸命でサボりは一切ない。

「わたし、もう、おじいちゃん、来シーズンはもうサッカーしないよ」
新年あけたら戻ってきて、毎試合ゴールを決めている。
決して強いシュートではないがサイドキックで正確に決める。(インステップキックは苦手のようだ)

今年もやってくれそうである。
b0005596_2221444.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-02-08 22:21 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/25339588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 神奈川県社会人選手権始まる! 市民大会5回戦 >>