初蹴り

1月3日はクラブの初蹴りの日である。
毎年、初蹴りではJr.ユースのご父兄に豚汁をご用意いただいている。
全くもってありがたいことである。

クラブが出来てから初蹴りは毎年行っているのだが、こんなに暖かい日というのは記憶にない。
中学校のグランドを借りているのだが、この時期は霜が降りているので、お昼頃になるとグランドがべちょべちょになる。それが全くない。
ベンチコートも不要だ。

なんだかとっても変な感覚なんだが、サッカーをする環境としてはこれ以上のものはない。
午前中は小学生、午後はJr.ユースとOBそして社会人の現役。
各年代入り乱れてのサッカー。
9時から16時まで途切れることなくの球蹴りだ。

おらも小学生とちょこっとやったんだが、体鍛えなおさないとやばいと思った。
ボールがコントロールできない。
PK外すし!
とはいえ、幸せな1日でした。じゃんじゃん!!
b0005596_6235941.jpg
b0005596_6234839.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-01-04 06:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/25240437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 学生時代の写真 駅伝の後は高校サッカー >>