早稲田ア式の練習試合を見る

7/17(木)恒例の東伏見での打ち合わせ終了後、17時より早稲田vs流経の練習試合を見る。
トップチーム同士の対戦。
このカードは昨年のアミノバイタルカップの関東大会(裾野)で見て以来のゲームである。
結果はア式のホームページ

最後ロスタイムで早稲田がやっと追いついたのだが、けっこう愛宕さんの打ち上げ花火みたいなサッカーの場面が多かった。
ここまで上空高く上に上げる?ここまで吹かすシュート?
ゴール前に飛び込んだが絶対吹かすぞと思えば、期待通り、絶対枠に行かないでドカンと打ち上げてくれる!みたいなシュートが多い。

必ず一旦ボールを止めるのでスピーディそうに見えても、結果としては相手に守られてしまうというような繰り返しだったような気がする。
早そうで遅いのでカウンターにならない。

早稲田は愚直なまでに上下動を繰り返す。よく走るし真面目なんだが、精度が悪いというか、気の抜けたショートパスで相手に渡したり、DFがそこで1対1で抜く必要があるのかよといった場面もある。
せっかくのチャンスをピンチに変えていたようにも見える。

うちのクラブのトップチームコブラを思い浮かべながらゲームを見ているので、どこがいいのか悪いのか、松永監督が何を求めているのかということなどを考えながら観戦。

流経も、あんまし出来は良さそうには見えないというか、専修大学の試合を見ると、どこもそう見えるのかも!
早稲田も流経もほんと真面目なサッカー。
専修大学が不真面目だとは云わないが、見ていて魅力的に感じるのはなんなんだろう。
肩の力が抜けているようなサッカーに見える。
スルスルとゴール前にフリーになって入ってくる。シュートも目一杯な力で打たないでコースだけを狙っているように見えるし、ゆるゆるでも入ってしまうような感じ。

話を戻すと、ただ流経の7番はほんといい選手だなと。
けっこうさぼっている場面が多いのだが、いざとなった時というか、ひとりで局面を変えられ、次元が違うというか、スイッチがオンになった時はあっという間に得点に絡む。
敵方の選手とはいえ、見ていてほれぼれした。

これからが楽しみだな。記憶に留めたい選手である。

やっぱしサッカーはいい。ア式ガンバレ!
b0005596_91723.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/22976168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2014-07-18 09:13 | ワセダ | Trackback | Comments(0)