ネイマールのシュート

ブラジルvsカメルーンの主役はやっぱしネイマールだった。
1点目の左サイドからのゴロのセンターリングを右足のサイドキックでゴール右へ。
GK完全に逆を取られた。
GKは自分の右に来ると思っているので、体重が右にかかっているため1歩も動けなかった。
また、ネイマールが振りかぶって蹴っているわけでなく、走りながら軽くあてているので、よけいタイミングを外されている。

簡単そうでスゴく難しいシュートだと思う。
世界のスーパースターは簡単に入れる。
ギリシャ戦で内田のパスを「愛宕山の打ち上げ花火」のごとく蹴り上げた日本のスーパースターと、世界のスーパースターとの差が如実に分かった瞬間だった。
大久保選手シュートは地球1周してきてもゴールに入らない。

b0005596_9255293.jpg

そして同点にされたあとの2点目は試合を決定づけた。
DFがスライディングに来るのを見越して、股の間を通すシュートで、ここでもGKは逆を取られている。
GK泣くよな!
b0005596_9295875.jpg

b0005596_928987.jpg


カメルーンこれで、もはやぷっつんだと思う。
今日もいいシーンを見させていただいて至福の時間を過ごしているが、眠い!!
by gsfc_aoshima | 2014-06-24 09:31 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/22828246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニッポン散る! Cロナウドのクロス >>