喜多方の易学士

昨夜は分倍河原の松永章監督のお宅で痛飲。
喜多方の塚原さんは家業の魚屋をずっとやってるとおもったら、易学士になっていた。
オラのために持ち塩を入れる竹の入れ物を作ってきてくれた。
b0005596_6384634.jpg

塩が入っていた。
ありがたいことである。

「持ち塩風水」だということ。
苦手な人と出会ったときなどは、ポケットに入れたケースを握るだけでいいそうだ。
不安なときなどもぎょっと握りしめるとよいとのこと。

さっそく今日のジュニアの市大会にしのばせて行こう。
塩が守ってくれる。
ありがたいな!
易学士 塚原光勝様 ありがとうございました。
確か昔は「啓一」という名前だったんだが。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/22548657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2014-05-03 06:44 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)