きょうびのサッカー選手の親は大変だぁ

土曜日のJr.ユースの練習に鹿島学園1年の後藤が顔を出してくれた。
「どうしたんだい』と尋ねると、「スペインに2週間遠征に行ってきた帰りです」「なに〜〜!ペインス、いやスペイン?」「はい、むこうの1部のユースとやってきました」「で、どうだったんだい」
「ヘッドでは負けませんでした」「そうかい、とにかくサッカーはヘッドだで、ぜったいヘッドの練習怠るな」「それからレアルの選手のサインもいっぱいもらいました」「よかったじゃん」ーつぎのことばがでてこないずら。びっくらこいて!。

俺にはくれんのか、ベッカムのサインをーそんなことはいうわけないだらよ。この俺がだ。ベッカムがなんぼのもんじゃい。

とはいえ、ロナウドはいらんけどやっぱし、ベッカムは欲しいじゃん。飲み屋で見せたらもてるかもな。いやいや、今は韓流ブームだけん、ベッカムはちょっとかなあ。いやいやそんなことはないぞベッカムは。それにしてもだ。ビクトリア夫人は3人も産んじゃってもかっこいいなあ。

笠原嵩太のいる前橋育英は、アメリカはダラスでおこなわれる大会に参加するらしい。あのケネディの暗殺されたダラスだらっす。いやいや、しゃれ言ってる場合じゃあないダラス。
お父さんだって絶対行った事ないはずだで。

明日からは育英グランドで国見も参加する大会もあるらしい。ダラスの後は4月1日から九州でのフェスティバルにもでるようだ。
国見なんぞは育英グランドで1週間も居座っての大会参加。長崎帰らず、3月は全国行幸みたいなもんで4月の新学期ぎりぎりまでサッカー一筋の毎日で、学校の勉強はどないなっとるのかいな。いやいやきょうびの高校生が3月なんぞは勉強するわけないよな。
街でふらふらしてるのに比べたらサッカーやっててくれたら親御さんも安心だで。

だけどだ、理解あるスポンサーである親御さんも、大会見れるならまだしも、マドリッドやらダラスなんぞといわれたときには「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜んっ! 行ってこい!」固まるよなあ
ぜったい泣いてるずら。奥サンからは「おとうさん、もう発泡酒も飲めんよ。おにぎり持っていって。おにぎり持ってかないなら、カップヌードルよ。会社のポットにお湯あるでしょ。それから 夕ご飯も松屋で豚丼食べてきて。290円みそ汁付きだからね。好き家はみそ汁別料金よ」
後藤家と笠原家のお父さんは、もう立ち食いのかけそばも食べられんだに。
我が家は女の子3人でも全然カネかからんかった。でもはりあいはゼロだった。
なんぼ銭子かかろうがはりあいあったほうがいいじゃあありませんかいのう。
ちなみに育英の今週の試合は「アンダンテさんの観戦記」からわかります。嵩太がんばれ!
by gsfc_aoshima | 2005-03-08 07:24 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2209702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Web登録 U-15全日本サッカー選手権神... >>