クラブハウスその2

今にも朽ち果てそうな店舗だというイメージだったが、大掃除をし、はたまたご父兄やジュニアのこどもたちも手伝ってお掃除してくれたおかげで、なかなか悪くないぞと思え出した。

なにせ12年ぶりに空気を入れ替えたことになるわけで、淀んだ空気でイメージも良くなかった。
クモの巣やほこりまみれだし、サッシは開かないし、いいことなかった。
それが新しい空気が部屋に入り、、きれいきれいしてあげて、さらに人の息吹も入ったことで、なんだか仮死状態だったものが、生き返ったような気がしてきた。
家も生きているんだなとこれほど実感したのはない。
シャッターなんぞはこどもたちのおかげで商店街で1番きれいになったほど。

もちろん、2階の和室でこどもたちが歩き回ると下の階に相当に響く。
1階の天井は大きな穴があいてるし。壁はしみだらけ。
20人ぐらいの子どもが2階に来たら大変なことになる。
2月1日のジュニアの練習が終わったあと、こどもたちがやってきた。
こどもたちも、自分たちのすみかが出来たような感じで、異様に興奮していたし、大歓声だった。

すみかや隠れ家ってなんだかとっても大事なことなんだなと!

そういえば、オラ達が小学生の頃は防空壕の跡なんかがあちこちにあったし、友達の家には土蔵があったりして、そういうところがこどもたちの格好の隠れ家だった。
そうそう、お寺の軒下なんかもそうだったし、町内で鬼ごっこをしたりしたら、よその家にもどんどん入って裏口から抜け出たりしていた。
もちろんどこの家もカギなんかかかっていなかったし。いつも引き戸が開いていた。
今では考えられないことだ!

なんだかいいんでないかい!!
スタッフのための事務所ではなく、こどもたちのための棲家であればいいんだと思った。
b0005596_8432981.jpg





水素水がスポーツに革命を起こす 水素水「IZUMIO(イズミオ)」驚愕の水素水「イズミオ」facebookページ

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/21982563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2014-02-03 08:42 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)