堤私学校  

コクドの会長が逮捕された。ちょっと微妙である。もちろんあれだけのいい加減なことを指示してるんで塀の中に行くのは遅いぐらいなんであるが、直助一応コクド出身なんで、それも将来の幹部候補社員とかいわれて、過ごした時期もあったんで、すこしだけ複雑だ。

直助大学3年のスキーの課外授業で苗場にいく。うまれてはじめてのスキーでいっぺんにこういうところで働きながら遊びたいとピ〜ンときて、入社する。
サッカーやらないかといってくれた企業もあったし、教職の道もあったのだが、スキーにはまってしまったのだからどうしようもない。ひたすら苗場がいいなあである。可愛いぐらい、馬鹿っぽい動機なんではあるが当時はほかは全部断って誘われてもいないコクドに入った。

学生時代は4年間西武新宿線を利用していたがコクドが西武の親会社とは知りよしもなかった。はいってからとんでもない会社にはいったなあと実感する。
1年間の禁酒禁煙禁麻雀、髪の毛ほとんど坊主プラス前髪ちょっと。全員寮住まい。バッグひとつで言われるままに移動である。荷物は1年間バッグひとつ。学生時代の荷物は西荻窪の造園屋さんの3帖の部屋を借りて倉庫代わりで入れておいた。
入社1日目は華やかな入社式でもあって、女子社員なんかがお茶でも運んでくれるんかいなと思っていたら、すぐさま会社のカーキ色の作業服におそろいのあごひものついた帽子を支給され、芝増上寺にいくために原宿から山手線で35人お揃いで乗車。異様な光景だぞ!。
これってどういうことなの。さらに朝一番の人事のお方の最初のことばが「おまえとおまえとおまえ、髪の毛長い、床屋に行って坊主にしてこい」なんじゃいなこの会社。
増上寺では一日中徳川家将軍のお墓のお掃除。入社1日目だぞ。
帰りは芝から原宿まで隊列を作って行進である。
たしか14日間の本社研修であったが芝のほかにたしか辻堂の海岸にも行った。なにをしたかって?。隊列を組んで辻堂駅から海岸に歩く。ついたら海に向かって大声での発声練習やら挨拶のしかたやら、最後は相撲の勝ち抜け戦。あたまは大混乱である。

本社の寮にいたのだが朝起きると、ランニングが待っている。オリンピック公園の周りを走らされたり、それもチームを作っての競争だ。勝つとバナナが人事課の先輩が支給してくれる。
もはや高崎山のサル状態になっていた。直助これは強かったぞ。
10日めぐらいのとき、仲間4人が夜タバコ吸いながら麻雀やってるのが会社の役員に見つかって、次の日、連帯責任で、本社食堂において全員背広姿のまま、2時間の正座。
坊さんの修行にきているわけでもなく、会社員らしい仕事はない。

毎日、お辞儀の練習とあいさつのしかたの練習が何時間もやらされる。
「静岡県出身、見習社員直助です。宜しく御願いします」
両手は太もものサイドを上げ下げで45度のお辞儀。ひたすら練習である。
2週間後各地の事業所に2〜3人ずつ配属される。
春は横浜杉田ゴルフ練習場だった。しごとはどぶ掃除
夏は大磯ロングビーチ。しごとはラーメンやのキャッシャーとライフガード
秋は箱根竜宮殿。仕事は番頭小間使い。具体的には布団敷き、庭のお掃除、配膳、洗い場
自衛隊研修もあった。隊員よりもスタミナあって教官驚く。
冬は苗場で索道係。リフト係である。
1年間ほとんど休みはなかった。顔真っ黒で髪の毛短いのでほとんどあんちゃん風だった。
苗場から3月中旬に本社に帰ってきて3週間の研修。内容はオーナー面接のための事前研修だった。個人面接ではなく全員での面接なんだが、オーナーになにを質問されてもいいように問答集の練習を3週間びっちりである。
その頃は会社から紺の社服ー背広なんだが品物よくないーを支給されていたのでもはや靴下、靴すらも全員黒で統一。質問に答える内容も全員一緒。

入社して1年間の見習い期間の最後がオーナー面接である。なんちゅうことない。10分で終了。頭の先から甲高い声を発生していた。あとにも先にもこのとき以外にオーナーには会ってない。
当時はよその事はなんもわからないので、会社なんてこんなもんかとおもっていたが、1年間ほとんど末端でもやらないような仕事をさせてもらったのはよかったかなとも思っている。
堤商店というよりもあるときは堤私学校だったり、天皇行幸だったり、まあいろんな側面がある。この会社しか知らないで過ごす事もそれはそれなりでいいかもしれんが。
この会社、30年前に社内では禁煙になっていた。このあたりは徹底されている。
但し、考える事は許されない。ひたすらいいお返事と、あいさつである。

逮捕当日、コクド本店の同期に電話する。「どう。会長捕まってすっきりした」「はい、左様でございます」「だれかそばにいる?」「はい。そうでございます」「えっぇ、今家宅捜索されてるの?」「そうです」「机のなかやられてるんかい」「左様でございます」「エッチな雑誌かたずけたか」「はい!すでに。ありがとうございました」
社内で携帯に出れるだけいい会社になったじゃありませんか。
元気でがんばってくれ〜〜〜〜〜〜ぃ!

このつづきはまた実録第2弾でサッカーネタがないときにさらに詳細にご披露するだに!
by gsfc_aoshima | 2005-03-05 09:19 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2184771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 敗戦の将多くは語るまい それぞれの想いのシーズン開幕 >>