J3とJFL

来シーズンから日本のサッカーは様変わりする。
J3が創設され、11チームで初年度は構成される。
J2の下のカテゴリーJFLからは

ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFCFC町田ゼルビア横浜Y.S.C.C.、S.C.相模原

ツエーゲン金沢AC長野パルセイロ藤枝MYFCFC琉球

さらに下の東北1部からは

グルージャ盛岡

そしてよくわからないのがU-23選抜(J1とJ2の若手選抜)。

ここでやること自体がモチベーション下がるよな。J1に入ったのに入団早々3軍? 

そして2013年J2の最下位のガイナーレ鳥取と2013年シーズンJFL2位のカマタマーレ讃岐の敗者。どうして1位のAC長野パルセイロではないのだろう?

とりあえず疑問を持たずに計12チーム。


横浜からは横浜Y.S.C.CさんがJ3。

すごいことだし、拍手!!


JFLは今シーズン18チーム。来シーズンは10チームが抜けるので残った8チーム+37回全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝リーグに進出したファジアーノ岡山ネクスト鹿児島ユナイテッドFC(ともに決勝リーグに進出したヴォルカ鹿児島FC KAGOSHIMA両チームの合併)両クラブ新規に4チーム ヴァンラーレ八戸フットボールクラブアスルクラロ沼津マルヤス工業サッカー部レノファ山口。計14チーム

勝ち上がらなくても、希望すれば入れちゃうということなんだな。

また、鹿児島の2チームってけっこう物議かもして、くっつくの別れたってやってたような記憶がある。大丈夫なんだろうか。


今シーズン最下位のホンダロックも地域リーグには落ちないのもよくわからないし、毎年猫の目のような変わりようで、このことが県リーグの3部まで大きく影響するのだが、関東からJFLに上がるチームがないので、関東に限っては今年は大きな変動がない。


毎年,この時期、日本で一番熾烈な戦いが行われるのが実は11月と12月なんだが、もう複雑すぎてよくわからないし、シーズンによって得するチームが出るというのもなんだか解せないが。


とりあえず、オラ達は今の立ち位置で切磋琢磨、上を目指す努力をしなくてはと思う。






by gsfc_aoshima | 2013-12-05 07:24 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/21589285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヤジ戦力外。 今朝は今井美樹さん >>