語りの会 志摩明子さんをしのんで。

30年来の横浜でのお友達で、横浜でもおかしい人たちのひとりでもあるデザイナー平塚太一さんからのお願いで、あるホームページを作った。もちろん太一さんのもオラが作った。

ご依頼でなく、お願いなので、まったくの慈善事業である。

一昨日、丸一日15時間かけて完成したのが「語りの会 志摩明子さんをしのんで。」だ。
チャチャチャと作ってみた。オラも最近この手の作業は素早いと自画自賛。

志摩さんのことはオラは何も知らないが、横浜ボートシアターの創立メンバーで野毛の大道芸を支えてきた方らしい。
横浜の中村川にうかぶだるま船での横浜ボートシアターのことは、平塚さんから聞いていたので知っていた。

志摩明子さんという友達の友達が亡くなって、偲ぶ語りの会のコマーシャルホームページ。
より多くの方に見てもらえればうれしいし、2014年2月1日のにぎわい座の会場が満員になってくれれば、ちょっとばかりお手伝い出来た甲斐があるというものである
by gsfc_aoshima | 2013-11-22 06:10 | 人物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/21518000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 横浜国チビLL-2部決勝トーナ... ベルギー戦の裏で >>