からだが硬い?堅い?固い? どれだい!

トップのコブラの総会には出席する。総会の前に1部の六浦FCとの練習試合では4−3で勝ったとの事で、コブラの状態も良さそうである。
新首脳陣の発表が正式にあり、今シーズンの船出が決まった。こういう儀式も倶楽部にはとっても大事な事だと思う。Jr.ユースも最近行なっていないが、やっぱりお披露目をかねてもするべきかなと思った。また行事が一つ増えるのではあるけんど。

午後からのJr.ユースの練習に参加するも、寒くてからだが言う事聞いてくれない。筋肉に柔軟性がないことがひしひしと感じられる。そうとうマッサージでもしてほぐしてからでないと、駄目みたいで、ひとことで表現するなら、カキンカキンな状態である。ボールも蹴れないし,蹴ると筋肉が響くのだ。
来週は東京都のシニアの大会が始まるが、試合2時間前ぐらいに念入りなマッサージをきちんとして、もちろん魔法の粘土も塗りたくリーの、サロメもおまけで塗ってそれから柔軟体操、ちょこっと汗出してからでないと、2試合はもたないな。
あんまり汗出しちゃうと今度は試合でスタミナ持たないから調整がほんと、難しい!

30ぐらいまでは筋繊維に伸びがある。その頃から不摂生やら、食事過多やらで筋肉にアブラがつきやすい状態になるらしく,脳で考えた事が筋肉におりてきても100%の指令を筋肉の方でまかないきれなくなってるので頭が前に出て、足がついていかない状態になるそうである。
よく運動会やらでアキレス腱を切るのはこういう状態の時らしい。
こういう筋肉の状態を『サーロインステーキ症候群」というらしい。
昔、直助も2回ほどアキレス腱を切っちゃっているが、当時の会社の専務さんにこう言われたのである。

もうふくらはぎは、ずたずたのボロ雑巾みたいになっちゃっているのは間違いない。これをダマシダマシ声かけて、持たせるコツを身につけんとなあ。
他人からみたら、「それでもサッカーするのかい」というのであろうが、大御所達にくらべたらまだまだひよこみたいなもんで、90近い村形先輩なんぞは「わしゃあ脳の血管5カ所ほど切れてるがサッカーやめられねえ」と3年ほど前にのたまっていらっしゃった。
さすがに今では、ボールは蹴らないが、グランドには来る。
60歳以上の大会もあるらしいので死ぬまでサッカー楽しむずらよ。チームを応援するサポーターもけっこうだが、現役のほうが100倍楽しいというもんだらよ。ジャンジャン!
by gsfc_aoshima | 2005-02-28 05:23 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/2139513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 磐田のご紹介 行事目白押しで3月大変だあ >>