野方食堂

1968年に高校を卒業して上京し浪人生活を最初にしたのが、西武線の野方。
大手製薬会社の大豪邸の近くで、環状7号線のすぐ脇の、ぼろアパートに住んでいた。
車の騒音で夜も上手く眠れず,振動も激しく3ヶ月で退去した。

昨日,ちょっと用があって45年ぶりに野方駅に降りた。
なんか急に懐かしくなった
当時よく通っていた定食屋がまだあった。
うれしくなった。
b0005596_8175886.jpg

b0005596_818855.jpg

アジフライ定食が90円だったと思うが毎晩食べていた。
お店の店員さんがかわいかったし!

住んでいたところはもちろん別の建物に変わっていたが、場所の特定は出来た。
当時予備校も下駄で通っていた。
こんな格好が当たり前で、普通だったのが,今見ると笑える。
ランニングシャツに腹巻きをして、腹巻きを出しているのが、あたりまえだった
b0005596_8241092.jpg

アパートの前での1ショット。18歳の青春,女の子に声も掛けられない田舎もんだった。
おかしな東京弁で話していた。
by gsfc_aoshima | 2013-09-20 08:24 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/21088540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 野方から大塚へ iPhoneアップデート中 >>