今一番旬な人

マリノスの中村俊輔選手ではなかろうか。

サッカーに必要な要素、レギュラーを獲得するのに大切なのは、のってる選手だということ。
ましてや、日本代表を選ぶとなれば、そういった選手でなければならないのである。
かつて,日本代表選手の中心として君臨してきた中村選手であるが、セルティックを退団してからの彼は、かつてのオーラは消え失せてしまっていたと思う。

ところが今シーズン、かつての輝きを取り戻し、昨日の浦和戦でも2発!
2発目はなんと右足ですら決めちゃうほど。

そして先週のFC東京戦はもっと圧巻。

FC東京の3番森重、5番加賀をチンチンにして豪快な左足。
飛び込んだらかわされるから、飛び込めない。
そうこうしているうちにシュートコースが空いて打たれてしまう。
分かっていても、どうにも出来ない守備陣。もはや反則しかない状態なんだろうな。

とにかく切れ切れで、マリノスの首位の原動力となっているし、こういう選手を代表に選ぶことでみんなが納得できるわけで、頼むよザッケローニさん。

ザッケローニさんが日本のサッカーの将来のために育成するわけでもなし、今、何をするかだと思う。
強いチームから選手を選ぶ事が大事で、下位のチームの選手や、ましてやJ2から選手を選ぶなんてやめた方がいいと思う。
コンフェデで見事なまでに崩壊したわけなんで、ここはすっきり大変革をしないと、W杯は戦えない。

それほどサッカーってスポーツはマインドが大切なスポーツなんである。
とにかく、サッカーってスポーツは、ノッテないと、シュートはまったく入らないのである。ゴールがほんと小さく見えるし、打つコースすらないように見える。

それがたった1発のゴールで開眼するのもサッカーのスゴさだと思う。

前述の中村選手や18発の大久保選手、16発の豊田選手には,どこから打ってもゴールが入る気がしているのかもしれない。
ましてや、そういうノッテル時って、なぜかごっつあんなボールが目の前に来るから不思議だよな!
そういやぁ、ア式後輩渡邊千真くんも16点だし!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/20913420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2013-08-29 06:42 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)