お手柄三人組

事件は4月7日、昨夜来の暴風雨が治まった途端の、日曜日の白昼起こったのである。
発生現場は埼玉県川越市、尚美学園大学近くの、街道から一歩入った道路のコンビニ。

福島から上京し,仲良し三人組のサッカー選手は、この日12時より、尚美学園大学サッカー部と試合するために、集合時間前にこのコンビニ,サンクスに立ち寄った。

「弁当何にスルベ!やっぱし金ねぇから水だけで我慢スルベ」
「オメェ、それでは走れネェゾぉ」
「オラァ、弁当よりもこのスケベな週刊誌のテープはがしてぇ」
なんて話をしていたら、「キャー」という声。

何ごとかと声のした方を見ると、若い男が震えながら、「カネだせ」と書いた紙をレジの女の子にかざしているではないか。もちろん手には木製のナイフらしきもの。
レジの金はあっという間にバックの中へ。

このとき店内にいたのは、この正真正銘の田舎もん出身でなまりもきついが、なぜか髪型だけは横浜っぽい三人組の大学2年生と宅急便のお兄さん。

レジ前から逃げようとした瞬間、宅急便のお兄さんが背後から飛びかかる。
よろける犯人。
倒れ掛かった犯人に高橋クンが駆け寄って,バックめがけてキック一閃。
犯人の手から大金の入ったバックが大空高く空中へ!
いやいや、それは大げさで,店内で2mほどバックは移動。
すかさず駆け寄り高橋選手はなぜか「とったドぉー」

そばにいた残りの,浅田クンと金澤クンは犯人を後ろ手にして合計三人で犯人にのしかかる。
身動きの取れない犯人は,震えながら御用となったが、おまわりさんが来るまでの時間は,半端なく長かったそうである。
バックを持ったままの高橋クンは、騒然とした店内で野次馬と化したお客さんから「お前も犯人の仲間だろう」と共犯者扱い。
慌てた高橋クンは、ひどい福島訛(語尾が極端にあがる)で「ボボボクは犯人ではないですよぉ」

ていうことでコンビニ強盗を捕まえるという快挙を成し遂げた三人組ではあるが,浅田,金澤の二人は試合時間に遅刻。
高橋クンは,なぜかそのまま警察署にしょっぴかれて,試合も終了して現地解散までグランドに現れることはなかった。
やっぱし犯人の仲間であったのか、未だ定かではない。
残りの二人は高橋クンを残したまま横浜に戻っていった。

オラがこのコンビニの前を通ったのは事件発生から1時間後であったが,現場付近にはパトカーが7台ほど停まっており,異様な光景であったということだけは、この目ではっきり見たが、このとき,三人はまだ店内にいたことになる。

高橋クンのこの日の唯一のキックはボールではなく強盗のバッグだった。
浅田クンは2点、金澤クンも1点と強盗退治同様大活躍だった。
ただ、遅刻した時は1000円徴収がチームの原則で、徴収責任者のエグは「もちろん、いただきますよ。トモヤは遅刻と無断欠席なので倍づけです。彼らには名誉ある県警本部長の感謝状出ますから!」

とりあえずお手柄三人組
高橋友哉クン 福島富岡高校出身
b0005596_622654.jpg

金澤拓海クン 福島冨岡高校出身
b0005596_6245968.jpg

浅田尚人クン 福島郡山高校出身
b0005596_6263026.jpg

三人とも彼女は、いないようです。
ガールフレンド募集中だそうなので、宜しくお願いしたいと思います。
by gsfc_aoshima | 2013-04-08 06:31 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/20258968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 川越コンビニ強盗 アップル党 >>