社会人選手権準決勝その2

エスペランサSCさんとの準決勝は先週の日曜日、新横浜スポーツパークで行われたが、とにかく風が強かった。
黄砂の影響もあり、砂塵舞い降りてくるといった感じで、停めておいた車が動き出すのでないかと思われるほど。
ただ試合中は熱が入っていただけにあんまし感じはしなかったが。

相手のエスペランサさんは、ここまで6試合をこなしての7試合目で、いわゆる上り調子で、なおかつ、強豪を破っての進出だけに、力もついてきている。
前線の選手は若くてスピードもあるし、よく走る。また個人技もしっかりしているので、集中力を切らさないで、落ち着いてプレーしようというのがチームコンセプトだったと思う。
そして、「カッカするな!冷静にやれ」。

その通りのサッカーをしてくれた。
持たせても最後の最後では、きちんと流れを見て相手の攻撃の芽を摘んでいた。
2点リードしてから、山崎高久選手の不可思議な退場もあったが、人数足らないのも感じさせない対応とカウンター攻撃で、見ていて楽しいゲームだったと思う。

最後まで集中でき、シーズン当初としては合格点をつけられる試合だったし、誰が交代で出ていっても遜色ないし、チーム全体がレベルアップしていると思う試合でもあった。

Youtubeにエスペランサさんが、この試合の模様をアップされていたのでお借りすることにする。
ローカルな試合ではあるが、両チームの応援するサポーターの数も多い。
やはり下部組織を持つ意義みたいなのも大いに感じさせてくれたと思う。

チームの上を見て下のものが憧れてさらに下がレベルアップする。
とっても大事なことなんだと思うし、チーム愛もこういうところから生まれるのだと思う。
エスペランサさんの今後にも注目したい。


by gsfc_aoshima | 2013-03-14 08:16 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/20149407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 愛マスク 地球は生きているんだな >>