ア式決勝へ

ア式主務、ポペイロ志望の吉川くんからの歓喜のメール。
以下の通り
...................................................................
WMWクラブメール会員の皆様

お世話になっております。

本日行われました全日本大学サッカー選手権準決勝の結果をお知らせします。

早稲田大学5(1−0 4−0)0鹿屋体育大学
〔得点者〕
早稲田:32分 白井、50分 島田、53分 榎本、73分 近藤洋、75分 富山
〔スターティングメンバー〕

     富山   榎本
      10     9  
近藤(洋)          白井
  11             28
     島田   野村
      5     7
三竿             奥山 
 6   菅井   山地   12
      2     3
        松澤
         1
〔交代〕
72分:白井→田中15
76分:富山→片山25
80分:榎本→秋岡17
〔レビュー〕
決勝進出を懸けたクリスマスイブ決戦。
対するは堅い守備で専修大学を敗退に追いやった鹿屋体育大学。
序盤、やや硬さの見られる早稲田に対し鹿屋が攻勢に出るも得点には至らず。
すると徐々に落ち着きを取り戻した早稲田は32分、自陣でのボール奪取から榎本がドリブルで駆け上がり右サイドにパス。
これを受けた白井が思い切り良く右足を振り抜きゲット。
白井の3戦連発弾で先制点を挙げ、前半を1点のリードで折り返す。
ハーフタイムに気を引き締め直して臨んだ後半、早稲田の攻撃陣が爆発する。
50分、右サイドからの奥山のクロスを近藤洋が頭で落とすと、最後は走り込んだ島田が左足で突き刺し追加点。
さらに53分にカウンターから榎本、73分には近藤洋が決め、最後は富山がゴールラッシュを締めくくり試合終了。
守備も無失点で切り抜け5-0で決勝進出を決めた。

◇◇◇

前半は鹿屋体育大学に強みを発揮され難しい展開となりましたが、後半開始早々のゴールでゲームを優位に運ぶことができました。
これまで取り組んできたトレーニングの成果が随所に見られ、決勝戦に向けて弾みのつくゲームになったと思います。
古賀監督の下チーム一丸となって目指してきた日本一まであと1勝となりました。
決戦まで約2週間、更なる向上心を持ってトレーニングに励んでまいります。
なお、本日の試合を持ちまして2012年の公式戦は終了となりました。
OBの皆様には今年も厚いご支援を頂き、大変ありがとうございました。
来年も変わらぬご支援の程、宜しくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えください。
〔次戦情報〕
全日本大学サッカー選手権大会 決勝戦
平成25年1月6日(日) 14:00キックオフ
vs 福岡大学(九州地区第1代表) @国立競技場
皆様のご来場をお待ちしております。

..................................................................................
この試合はもちろん観に行くつもりだった。
準備も万端だった。
でも家を出る寸前で中止した。
決勝ならともかく、準決勝でオラがオタオタすることもない。
オラッチだって、インカレ優勝しているわけで、インカレ優勝回数はどこの大学に比較してもダントツに多いわけなんで、大騒ぎすることもない。

着替えし直して小学1、2年生の練習に参加した。

それにしても5点はとり過ぎだが、相手になにがあったのだろうか。
トーナメントの大会だけに、警告累積やらがあったのだろうか。
専修を破った相手に勝つとは、うれしいじゃあないかい。
素晴らしいのは、どこからでも得点できるパターンやら選手がいることなんだろう。
ア式とは今シーズン2回試合をしているが、兵藤や山本脩人、鈴木修人、のいた年代と比較すると、こじんまりはしているが、部員全体のレベルが高いような気がする。

年明け早々の国立の決勝は是非是非、応援にいきたいと思っている。
よかったよかった!!
by gsfc_aoshima | 2012-12-25 07:21 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/19722282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 高校生マーチングバンド みんな頑張っている >>