救急車出動

11月10日、関東社会人サッカー大会のJBUS宇都宮FC戦でヘッドの競り合いで故障、救急車で東松山から行田市の総合病院へ。
あれから2週間パパはまだ練習に出て来れない。

そして昨日、八王子工学院FCとの練習試合で、笠原選手に相手選手のヒザが腰の辺りに入り、脇腹を強打。全く動けなくなり、またも救急車。
とりあえず、外科病院へ。
レントゲン検査の結果、骨には異常がないことは分かったが、腹が痛いというので内科病院に、救急車出動。
検査してもすぐには、くわしいことが分からないし、全く動けないので、入院という手はずにはなったのだが、あまりにも遠いので、またもや救急車が出動してくれて、東戸塚記念病院まで。
これはほんとにありがたいことだと思う。
八王子市の消防に感謝である。

笠原くん1日に3度の救急車は素晴らしいというか、なかなか経験できないことだが、相当の痛みで息も絶え絶え状態でかわいそうなこと、この上なし。

入院中の笠原くんの一日も早い回復を祈ります。
by gsfc_aoshima | 2012-11-26 07:33 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/19562764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 笠原選手のこと 国ちびLLの部決勝トーナメント >>