日本vsブラジルの影で。

日本とブラジルがポーランドで、のほほんと有料練習試合をしている、ちょうどその頃、世界中ではワールドカップ予選を死にものぐるいで戦っている国もあった。

とりわけ凄いのはドイツvsスウェーデンの死闘だろう。
0−4から4点入れちゃうってすごくない?
それもドイツ相手に。
何はともあれ。
こちらをご覧あれ

ロスタイムでの4点目。
何ごともあきらめてはいけないと言うことだな。
追うものの強みというか、流れが一気に追うものに変わると、こうなっちまう。

それからこれもおまけだ。
スペインvsフランス
スペインの選手、なんでこんなにボールがピタァピタァって止まるのか?
スパイクにノリがついているのだろうか

メッシも凄い。
なんでこんなに上手いんだろう。

by gsfc_aoshima | 2012-10-18 06:22 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/19272005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< これも死闘と言えるかもしれない 結果だけ見ればブラジルに大敗 >>