リフティングの世界

日本の徳田耕太郎選手が世界リフティング大会で優勝したとのこと。
競技としてはサッカーと全くちがうが、サッカーボールを操ると言うことではおんなじだ。

凄いとしか言いようがない。一つの技を身につけるのだけでもどれほどの努力と数えきれない練習。

徳田選手のホームページはこちら。

競技としてのサッカーの頂点を目指す人は数多くいる。
レフリーの世界に身を投じる選手もいる。
スクールコーチ
トレーナー
マネージャー
ポペイロ
監督
通訳
サッカー雑誌の記者、そして編集長
鍼灸、スポーツマッサージ
スポーツジムトレーナー
理学療法士
医者
FIFA代理人
サッカー解説者
サッカー評論家
天然芝の販売、人工芝の会社
サッカーゲームのアプリ制作者
いろいろあるなぁ
まだまだいろいろあるだろうがね。

サッカーに関連することで職業を目指すのも悪くない。
好きなことでご飯が食べれたらいい。

オラみたいな金にはならないボランティアもいるけど。
それもまた悪くないと思う。

とりあえず徳田くんに拍手!
徳田くんの勝利の手を挙げたのはあのイタリア代表だったカンナバーロだな。
by gsfc_aoshima | 2012-09-28 06:01 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/19052252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< さあ今日から国際チビッコカップ始まる 富士山が見える家 >>