社会人、シーズン初戦はもうすぐ

横浜GSFCのトップであるコブラが、名称変更する。
コブラFCから横浜GSFCコブラに変わることになった。そして笠原監督の新体制でスタートする。2月20日は神奈川県社会人サッカー大会2回戦から出発である。

毎週末はこの大会を目指して練習試合が組まれているが、まだまだからだが重いプレーヤーが多い。この時期はなかなか汗もでないので,体重をコントロールするのが難しく、どうしてもからだが切れないのである。とりわけ、学生ならまだしも、社会人として日頃は忙しく働いているプレーヤーにはこの時期はけっこうしんどいものがある。
 新米社員として、多少の同情はするが、遊びでサッカーしているわけでもなく、より高いレベルを目指そうとして新シーズンを送る事を確認したわけであるからして、日頃の鍛錬を要求するわけである。アマチュアでも我々以上に高いレベルと高い意識で頑張っているプレーヤーはごまんといるわけであるから、言い訳は聞きたくないんで黙ってやるしかないのである。
練習はしないで,すぐゲームというチームもいっぱいある。集まればゲームというのが圧倒的なのも事実であろう。
でも俺たちは違う。苦しい練習をしなけりゃあシーズンは乗り切れないないし,1部昇格なんて夢のまた夢のお題目で終わる事間違いない。

先週の「横浜猛蹴」との練習試合には今年の選手権決勝までいった法政二高から5人、日藤からは3人が参加してくれた。なんとか入部してもらいたいもんだらよ。
新しい血をいれて切磋琢磨することで、チームは強くなるし、ベテランも生きてくる。
シーズンが楽しみでもあるし、ワクワクして来たずらよ!
by gsfc_aoshima | 2005-02-01 22:08 | 横浜GSFC | Trackback
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1898200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本対シリアの練習試合 FIFAランキング >>