その2

おせっかいかもしれないが、昨日、東京都サッカー協会に電話しちゃった。
駒沢オリンピック公園での東京シニアの大会で、選手が心肺停止というアクシデントがあったということ。
審判団の人たちのおかげで、一命が取り留められたということ。

協会には、委員会の方からまだ報告が上がってきていないとのこと。
誰も知らなかったようだ。

おせっかいかもしれないが、「オラァ、感動したもんで!」
さらに、大きなお世話かもしれないが「是非とも、あの3名の方々を協会から表彰してやってほしい」と。
さらにさらに、「これもあれも全て、東京都サッカー協会がしっかりしている証拠みたいなもんです。日頃からいざという時の講習をされているのはほんとに素晴らしいと思います」と自分のことのように絶賛!

そして、まさにどうでもいいことなんだが、「前東京都サッカー協会の会長だった、やっさん!安田会長は学生時代の監督だったもんですから」と、なんだかわからないことまで申し上げておいた。

広く啓蒙するいい機会だと思ったから。
おせっかいも必要な時もあると思った。
by gsfc_aoshima | 2012-04-24 06:52 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/18185463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< チェルシーかぁっ!! ああっ!感動した >>