ぎっくり腰生活17日目

3月27日、浦和まで電車で行く。
大事な仕事がたまっているのと、評判の鍼の先生に施術してもらうためだ。
自宅からバス停まで約120m。
東戸塚までバスに乗る。
駅のエスカレーターで3階まで。
普段ならどんどんエスカレーターも歩くのだが、腰の具合が心配なので静かにしていた。
そもそもバスを降りた時から足腰が安定しないのだ。
なぜか身体がフワフワしているのである。
風邪引いたりして熱が出て、身体の筋肉がぱさぱさな時とよく似た状態だ。
17日もおとなしくしていると、やっぱしボロボロになっちまうんだということを改めて実感。
浦和までからだ持つのかい!

湘南新宿ラインで横浜に着く前に、電車がポイントのところでガタンといった拍子に、後ろに倒れてしまった。
踏ん張りきれずにだ。
倒れたのはオラ一人!
まさにジジイそのもので、ヤッパし帰った方がいいのかと瞬間思ったら、若い女性が席を譲ってくれた。
もう終わりだと思ったが、浦和にたどり着くには、ここは座らないと腰が保たない。
この時点で、既に老人!!

やっとこさ、浦和に着いて事務所に行って少しばかり作業。
いたいのは我慢して、予約の時間まで2時間待機。

クルマで鍼の先生のところまで乗せてもらう。

さいたま市桜区新開2−1−20
高橋はり灸治療院
048-863-1899

先生からは「痛くないし!。鍼は1ミリしか入らんでよ。それも瞬間ですぐ抜くし」
今までの病歴と、ケガ歴を聞かれる。
うつぶせになったと思ったら、とんとん鍼を打たれるが、痛くはない。
背中を50カ所ほど。
仰向けになっておへそ中心にこちらも50カ所ほど鍼を刺される。

「それじゃあ、起き上がって下さい」
あれぇ〜、楽じゃん!!
すきっと立ち上がれる。多少痛みはあるが、腰の筋肉が背骨を支えているのが実感できる。

「鼻が効かないのも、足が冷えるのも、肩こりも、とりあえず治療しておきましたで!」

「えぇっ?腹に鍼打っただけでぇ?」
「先生、アキレス腱切ったことで足首けっこう固いんですが!」
「じゃぁもう一度横になって」
おなかの1点を10回ほどとんとん。

あら不思議。
足首の可動域が広がってるずら。

結局、その日は夕方まで仕事が出来た。
背中丸まってないし。

多少は痛みがあるものの「8割ほど治しましたので、後は時間が解決してくれます。へっへっへュ!」
と云ってくれた先生のことばはけっこう信じられるだに。

亡くなった森孝慈大先輩もご愛用の高橋先生である。
名人かもしれない。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/18040331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 後藤英輔 at 2012-03-28 18:39 x
青島さん
鍼師のなかにはほんと、名人がいるんですよ。表に出ないので知る人ぞ知るなんですよね。
その先生がなさったのはたぶん散鍼(さんしん)ではないかと思います。いわゆる伝統的鍼治療をかなり極めた先生なのではないでしょうか。私も時間つくって治療を受けに行ってきます。
Commented by gsfc_aoshima at 2012-03-29 07:34
さっそく散鍼なるものを調べてみましたが、よくわかりません。
僕は鍼打ってもらっているとき、全く見ていないので。
鍼が1ミリだけ出ているトンカチみたいなので打ってるような気がするのですが、とにかく一度行かれたらいいと思います。
予約が必要です。
Commented by 原田 at 2013-05-20 17:02 x
高橋鍼灸院を知人に紹介してもらいました。
中1の息子が硬式野球をやっていますが、腰を1ヶ月ほど前に痛めてしまいました。
この大会で優勝することを目標に6年間頑張ってきました。本人がどうしても休みたくないというので、痛み止めの座薬を使ったりしながら試合に臨んでいます。
しかし、思う通りのプレーができるはずもなく
…見ている私も辛いです。
今まで辛い練習もこの為に頑張ってきたし、その頑張りもずっと傍で見てきました。
結果はどうであれ、自分の力を充分出し切って、卒団を迎えさせてあげたいです。
病院も色々通いましたが、なかなか効果がみられず、もどかしい思いでいた時にこの鍼灸院を知りましたが、実際、私も鍼治療をしたことがなく、少し不安な気持ちもありますが
藁をもすがる思いで思い切って行ってこようかと思います。息子が心配してるのは、ハリと聞いて痛いのではないかと…
でもそれで治るなら…と前向きになっているので…
最後の大会、悔いの残らないプレーをして欲しいです。
Commented by gsfc_aoshima at 2013-05-21 06:56
原田様へ
まったく痛くないから大丈夫ですので安心して下さい。針をカラダの中に刺したままということもありません。おなかの方に刺しますので裏側の腰には打ちませんでした。
by gsfc_aoshima | 2012-03-28 08:16 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(4)