コラソン戦その3

チーム関係者から写真をいただいた。

最後のPK戦はゴール裏に陣取り、GK藤田の応援。
試合が終われば、速攻で走って、選手の帰りを待ってのタッチ。
なんか、恒例化してきたぞ!

エスコートキッズのセレモニーに参加する表情や、タッチする時の笑顔は、なんともいえない。
こんなに表情豊かな子供たちだったんだな!
日頃の練習や、大会や練習試合で見せる顔とは全くちがううれしそうな顔。

僕らは少し反省する必要があるかもしれない。
日頃からこういう表情が出させるように,指導する側もちったぁ考えないといけないのかもしれない。
やっぱしサッカーを楽しまないと。
指導する側も指示が多かったり注意が多かったり。
もう少しのびのびさせてあげることが必要なんだが、それにはどうしたらいいか!

やっぱし指導する側も、声だけではなく一緒にプレーし、汗を流すことではないのだろうか。
サッカー未経験のお父さんコーチがきれいに蹴れるということは出来ないとしても、一緒にプレーすることでサッカーの楽しさを共有することではないだろうか。
一緒にシュート練習をすることではないだろうか。
一緒にパス練習をする。

サッカーって口だけで指示できるほど簡単ではないのだ。
インステップキックでまっすぐに蹴るってとっても難しいのだ。
インサイドキックは立ち足は蹴る方向に向けて蹴り足は90度直角にするって、人間の動作としてはとっても不自然な行為なんだし、それを正しく自然のように出来るようになるには、見本も見せないといけないし、まさに手取り足取りでないとダメだと思う。
蹴り足をきちっとさせるには足首を堅くさせないと正しくは蹴れないのだし、それを子供に実感させるには口だけでは到底理解させられない。

そんなことを考えさせられる子供たちの表情だったと思う。

b0005596_7312375.jpg
b0005596_731799.jpg
b0005596_7305673.jpg
b0005596_7301040.jpg
b0005596_7295919.jpg
b0005596_7294441.jpg
b0005596_729952.jpg
b0005596_7285193.jpg
b0005596_7283699.jpg
b0005596_7281762.jpg
b0005596_7275731.jpg
b0005596_7274223.jpg
b0005596_7273062.jpg
b0005596_7271852.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/17885422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2012-02-29 07:31 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)