昭和47年関東大学サッカーリーグ

昭和47年11月12日西が丘サッカー場での関東大学リーグ最終節の最終試合は、くしくも優勝をかけた早稲田vs中央の試合だった。
前年も1位の早稲田、2位の中央ということでの組み合わせである。
早稲田は引き分けでも優勝だったが案の定引き分けてしまった。
とにかく混戦、3勝3分け1敗で優勝である。

当時は勝利の勝ち点が2だったので引き分けが非常に多かった。
中央は2勝5分けで2位である。
現在の勝ち点3で計算しても、早稲田はこのとき優勝にはなるがラッキーだったというしかない。
初戦明治引き分け、第2戦の日体大戦も負けだし。
27名の狂った戦士達と、今から考えるともっと狂っていたかもしれない監督、コーチの皆さん。
サッカーの神様が取り憑いてくれたに違いないと思うしかないのである。

b0005596_826351.jpg

ベレー帽が堀江忠男監督、おとなりが小松部長。いまはもうお二人ともいない。

2列目左側サングラスが吉田コーチ、そのとなりが鬼助といわれていたオラだが、練習が終わると、夜な夜な新宿六本木にくりだしてチャラ男に変身していた時期もあった。
3列目右端が小田島コーチ。

この首脳陣がいなかったら、きっとオラなんかただのひねくれ男で終わっていた。
ほんとお世話になった。
感謝である。
b0005596_8312546.jpg

優勝カップを高々と掲げることができたのも、みなさんのおかげだ。
もちろん、サッカーをやることに理解があった両親にも感謝である。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/17596585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寿一 at 2012-01-17 12:59 x
直助様 いつも楽しく拝見しています。掲載された写真の頃、小生はサッカー部のない中学校で仲間とボールを蹴り始め、早稲田のサッカー部にあこがれていた少年でした。直助さん卒業の翌年、駒沢で初めて早稲田のサッカーを生で見たことを鮮明に覚えています。またこの写真にはぼくらの代の早実サッカー部が大変お世話になった小田島さんがいらっしゃり非常に懐かしくなりました。調子の出なかったチームに、戦術を植えつけていただき勝てるチームに変えていただいた感謝の気持ちが改めて蘇ってきました。今後も直助さんが現役当時の思い出を載せていただければ幸いです。
Commented by gsfc_aoshima at 2012-01-18 08:45
コメントありがとうございます。僕も小田島さんはサッカーの恩人の一人で、在学中は大変かわいがっていただきました。昨年、当時小学生だったお嬢さんと40年ぶりに再会いたしました。お父様もお元気だそうでなによりです。
by gsfc_aoshima | 2012-01-12 08:33 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(2)