澤さんとメッシが並んだ

今朝は予定を変更して、長く記憶に留めたいので速報記事を!

日刊スポーツの1/10 6:15の記事より

以下の通り
............................................................................................
国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイスのチューリヒで2011年の世界年間表彰式を行い、昨年の女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」主将のMF沢穂希(33=INAC神戸)が女子最優秀選手に選出された。チームを率いる佐々木則夫監督(53)も女子の最優秀監督に選ばれ、ともにアジア勢初の快挙となった。

 女子W杯で最優秀選手と得点王に輝いた沢と、佐々木監督がサッカー界で最も栄誉ある賞を手にし、金メダルを狙うロンドン五輪にも弾みがついた。

 選手、監督両部門ともFIFA加盟協会の代表チームの監督と主将や、選ばれた記者による投票で選出された。沢は28・51%の票を集め、5年連続最優秀選手だったマルタ(ブラジル)らを抑えた。佐々木監督は45・57%の支持を受けた。

 日本サッカー協会はフェアプレー賞を受賞した。東日本大震災の復興支援や、昨年12月にクラブW杯を開催したことなどが評価された。

 なでしこジャパンはFIFA主催大会を日本の男女通じて史上初めて制して大震災後の日本を勇気づけ、昨年8月に団体として初めて国民栄誉賞を受けた。

 男子の世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール」はアルゼンチン代表の24歳、メッシ(バルセロナ)が受賞した。FIFA年間最優秀選手で、3年連続は初。男子最優秀監督には昨季の欧州チャンピオンズリーグを制し、昨年12月のクラブW杯でも優勝に導いたスペイン1部リーグ、バルセロナのグアルディオラ監督が選ばれた。

........................................................................
以上

サッカーが日本に入ってきて既に100年以上の時を刻んだ。
最大の出来事は女子ワールドカップ優勝だろうし、この澤さんのFIFAバロンドール受賞もだろう。
佐々木監督の受賞もすごいんだが澤さんの影に隠れてしまう。

とにかくおめでたいことである。
サッカーのみならず日本のスポーツ界にとってもだ。
澤さん、メッシと横並びだに!
by gsfc_aoshima | 2012-01-10 06:46 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/17579903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本一有名な女性になった サッカースクールを開催 >>