トヨタカップ準決勝を見て

柏レイソルvsサントスの準決勝は1−3でサントスが勝利したわけなんだが、決め手は「決定力の差」だったと思う。
最初の2点は、うますぎだし、すごすぎだし、とりわけ2点目のボルジェスのシュートはオドロキだよね。
普通打たない。ていうか打てない!!

でもレイソルも持ち味出していたと思う。
ドミンゲスとワグネルの2列目はやっぱしすごいし、この二人のモチベーションの高さと言うか、ネルシーニョの気合いの入れ方がイレブンに浸透していると感じずにはいられない。
レイソルがこれだけのサッカーを見せてくれれば、ネルシーニョがもし、ここ1、2年でレイソル辞めても監督としてオファー殺到なのはまちがいない。
やっぱしサッカーは「シュート打ってなんぼ」だと思う。

さて今日の試合はバルサが勝つのは間違いないだろう。
バルサの動画をさがしていたら、この先週のバルサvsレアルの試合のこんな動画があった。
すばらしい教材だ。



トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/17329460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-12-15 07:50 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)