師走なんだが、サッカー日和の日曜だった

12月4日(日)
8時境木小で3、4年の練習
9時小学校裏手の新三王山公園グランドで1、2年及びキッズの練習
毎週、子供たちの数が増えている。
いただく連絡網が毎週変わる。
b0005596_771464.jpg
b0005596_77218.jpg

新三王山公園からは、きれいに冠雪した富士山が見えた。
もう何年もここで練習しているが、はじめての発見。
なんだか朝から幸せな気持ちになる。
b0005596_785674.jpg

10時半横浜国立大学グランドでCobraの練習試合に顔を出した。
リーグ戦も終わり、見た目以上に動きが重い感じがしたし、攻めも守りもちぐはぐだ。
今の時期はこんなものかもしれないが。
b0005596_714989.jpg
b0005596_7134788.jpg

まさにほんのちょっぴりの顔出しで、旭区の長坂谷公園グランドに移動。
11時45分からの保土ヶ谷区大会6年生以下決勝リーグ、1位パートの帷子sc戦を観に行く。
予定より早く始まっていたので最初からではなく、前半途中から観る。
15分ハーフなのであっという間に終わってしまった感じだ。

結果は(0−2)で敗れる。
縦1本の攻撃しかできなかったので、なかなか相手を相手を崩してということができない試合だったが、フレンドリーではちょっぴり光明を見い出せたと思う。
b0005596_7261153.jpg

一旦、家に戻る。
TVで福岡国際マラソンと早明ラグビーをやっていた。
本来だったらもちろん早明ラグビーなんだが、さいたま市役所の川内選手の鬼の形相を見続けてしまった。
いままで、こんな選手いただろうか。
とにかく感動!!

マラソン終わったら、早明ラグビーを観ることもなく再び境木小へ。
かつては早稲田のラグビーはぜったいはずさなかった。
OBにも友人がいっぱいいるし。
なぜなんだろう?
昔の早稲田ラ式蹴球部の選手はほんと小さかった。
小さいのが大きな明治の攻撃に対してスクラムで耐えて耐えて我慢する。
そこで耐えて、DFで展開し走り勝つというのが、見応えがあった。
明治はとにかくひたすら不器用にFWが前に前に前に。
北島ラグビーの真骨頂だった。
松尾という素晴らしいSOやひげの森といった名選手がいても主役はFWだった。

今は早稲田もでっかい。
明治も回す。
ユニホーム替えたらどっちがどっちだかわからないかもしれない。
だいぶイメージが変わってしまったのも熱くなれない一因かもしれない。

境木小に取って返す。
Jr.ユーすの練習を見る。
ポストシュートでは一緒にやった。
けっこう蹴れる。
もちろんオラのことだが。

ただなんとなくボールを蹴っている子が多い。
とにかく1本1本集中して繰り返して蹴ることが大事だと思う。
なんとなくいわれたことを何も考えずに蹴っていたら、100年蹴り続けてもきれいなキックは出来ない。
足先の指まで気持ちを入れて蹴ることが大事だし、とにかく気持ちを集中した繰り返しがすべてだと思うし、その上で達成感や満足度がはかられ、スキルが上がって行くのだと思う。
b0005596_80435.jpg
b0005596_7593985.jpg

富士山をグランドから見れるなんてうれしいことだし、いい一日だった。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/17195780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-12-05 08:00 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)