相馬が、横山が、矢島が

Jリーグ第32節、川崎vs広島は1−2と広島がリードしている後半30分頃にエース中村に代えて、横山登場。
中村は納得出来ないのか、相当怒っていた。
そして、その横山が交代直後のCKをヘッドで同点弾。

残り5分で小林に代えて矢島が登場。
おいおい、やっと矢島かい!!

そしたら、その矢島があの強靭なカラダを活かしてのボレーシュート。
あたり損ないがよかったのか、ボールはゴールへ。
見事と言うべきがラッキーと言うべきか、とにかく逆転勝利だった。
相馬監督の采配が当たったんだべさ!

3人とも早稲田のア式の後輩だからけっこううれしい。

そして、昨日の午前8時40分キックオフの横浜国際チビッコサッカー大会4年生以下1部の決勝トーナメント1回戦vs横浜港北SC−Aとの一戦は、相手のスピードの早さについていけず、なすすべない完敗だった。
このところ好調だっただけに、残念な結果だった。
もう一度立て直して、年明けの大会に向けて頑張ってほしい。
b0005596_732549.jpg
b0005596_7324186.jpg
b0005596_7322612.jpg
b0005596_7321449.jpg
b0005596_7315597.jpg
b0005596_7313935.jpg
b0005596_7312510.jpg

by gsfc_aoshima | 2011-11-20 07:32 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/16992503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ジュニア2年生がbest8 今週末は大一番が続く >>