なでしこ、やったね!

女子の試合を2試合見るなんてことは生まれて始めてだった。
NHKの英断に感謝!
ていうか放映料もきっと安かったんだろう。
でも、こういう状況判断久々にうれしいよね。

後半、1点が入って40分頃のCKのとき、ボールを置いた宮間さんが「エェッ!キープ?」っていうような表情だった。
オラもちょっと早いのではと思ったが、キープになった。
たいしてキープが出来たわけでもなかったが、相手の北朝鮮の闘志に火をつけたのは明らかだった。

オウンゴールで完全に意気消沈した北朝鮮の女の子達に対し、さらに追い討ちをかけるような攻撃の方があの時間では良かったような感じがした。

案の定、サッカーの神様は日本から北朝鮮のほうに運命の糸を差し出した。
攻撃は最大の防御だよな。
佐々木監督がワールドカップと今回の五輪予選で始めて見せた弱気だったと思う。

この試合は完全に北朝鮮にスピードでもパワーでもパス回しでも負けていた。
特に坂口さんと大野さんの出来が悪く、攻撃のチャンスもパスミスでつながらず、リズムが作れなかった。
またDF陣も鮫島さんを除いて疲れているのか、出足も悪く相手のリターンパスを容易に許していた。
プレスがほとんど効いていない状態が90分間続いていたし、GKの海堀さんもこの日の判断力が悪く、躊躇したプレーに終始した。
北朝鮮の方が数段出来がよく、よく無失点でロスタイムまできたし、オウンゴールもあったりして、ほんとにラッキーな試合だっと思うのだが、最後逃げたことでチームが持ちきれなくなり、失点したと思う。

当然、監督の指示でキープに入ったのだろうが、これで佐々木監督の運もついえたかと思ったが、かれはやっぱし強運の持主だった。
オーストラリアが勝っちゃった。
アジアカップ決勝の李のゴールにも劣らないオーストラリア選手のボレー!

なかなかあんなシュート打てないよな!
インパクトは鋭く、振りは小さく。
素晴らしいシュートに思わず拍手。

もちろんこの試合は解説の大竹さん同様、オーストラリアの応援。
大竹さんの「なにか今日のレフリーもオーストラリア寄りですね」
オラもおんなじことを思っていた。
あれでイエロー?


何はともあれ、なでしこオリンピック出場が決まってほんとに良かったと思う。
マスコミは「これでオリンピックは金だぁ」とかなんとか騒ぎ立てるだろうが、ほんと辞めてもらいたいよね。
アメリカもドイツもスェーデンも、そしてたぶん北朝鮮になるだろうが、世界の強豪はいっぱいだ。
フィーバーは収まらないだろうがそれはとっても嬉しいことなんだが、「金とか」いうまえに少し休養させてあげないと。
皆さん、馴れないマスコミの攻勢でお疲れモードだと思う。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/16253818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-09-09 07:24 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)