嗚呼!!

松田直樹さんが亡くなった。
残念である。
若い人が亡くなるというのは、ほんと切ない。
ぽっくり逝ってしまったというのだろうか。

ぽっくりではあまりにも切ない。
小さな要因の積み重ねみたいなことはありはしないか。

この死を無駄にしてはならないし、緊急蘇生装置でもある自動体外式除細動器(AED)をどんなチームも持つようになるのではないだろうか。
日本サッカー協会の英断を期待したい。

うちのチームでも協会からの指示がなくても検討すべきだと思う。
万が一と言うことはおおいにあると思う。

松田直樹さんのご冥福をお祈りいたします。合掌
by gsfc_aoshima | 2011-08-05 05:42 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/16063207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by もろにゃん at 2011-08-09 23:53 x
どうにもショックで頭が真っ白です。
ちょうど去年の7月に私の父もテニスの試合中に突然倒れて
同じように心肺停止になりましたが、施設にあったAEDを
使い、たまたま心臓マッサージが出来る人がふたり(ひとりはお医者さん)いて
心臓マッサージのテンポを取ってくれた女性がいて、すぐに救急車で運ばれ血管を広げる手術をしてくれて、無事に
普通の生活に戻ることが出来、テニスもやっています。松田選手も同じように処置してもらえれば絶対に戻れたはず・・・運が悪かったとしか言いようがありません。
それだけに無念ですし、まだまだサッカーをしている姿を見たかったです。
私の中では日本代表で活躍している姿が印象に残っています。
日本サッカーの歴史を確かに刻んだ選手でした。
私もあなたの事を忘れません。
<< 合宿が始まった 松田選手頑張ってほしい。 >>