鹿島学園VS国見

高校選手権2回戦を埼玉スタジアムまで見に行く。9時出発。笠原親子、庄司親子、竜太、そして川井田の総勢7人、途中首都高速に入ったところで大地より「ベンチに入りました」とのメール。一同大いに盛り上がる。出たらいいなあ
 正月2日めではあるが、けっこう車の量もそこそこではあるが順調にスタジアム到着。
グランドの状態もよく好試合を期待した。電光掲示板にも大地の名前。先発ではねえけんど。でもやるじゃん!
b0005596_0532611.jpg


グランドに選手出てくるも鹿島の選手がどうもひ弱に見えてくる。どんなサッカーをやるのやらである。

b0005596_056313.jpg


試合の総括
この試合については、いろいろ述べたいので2部構成でやろうとおもう。
今日は序論で明日は総論にしよう。

まづ、国見と鹿島の力関係を考えてみると、どう考えても鹿島が圧倒的に分が悪いのは誰が観ても周知の事実である。ところが鹿島は五分の勝負を試みた。というよりぼーっとしたまま、試合に臨んだと云う方が当たっているのかも。
初出場で会場があの埼玉スタジアムである。あがらないと云うのは無理からぬ事である。
案の定、心配な左サイドをつかれた。それも開始2分ぐらいであろうか。
もうこれで、勝負は95パーセントはついたと云っても良いだろう。

全体を通して、チーム内の約束事をきちっとやった国見と、意志の徹底を図りきれなかった鹿島の差が点数に明確に表れたと思う。
明日この続きをするだらよ。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1605172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2005-01-03 00:56 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)