練習試合vs立教大学

期日:2011.07.31(日)
大会名:練習試合
天候:小雨
会場:立教大学グランド(クレー)
時間:10:00(45分×2)
結果:横浜GSFC Cobra 3(2−1)3 立教大学

先発メンバー
 GK−−−−藤田ーーーー
 DF−押久保ー脇坂−笠原−小山ー
 MFー−大空ーー仙石ーー
 MFー林−秋山ー細田ー
 FW−ー守屋−ーー
 
交代 後半15分 守屋→田中顕輔、秋山→本田、細田→江口、
   後半35分 脇坂→秋山

得点 前半15分立教、24分林→守屋、28分守屋
   後半10分立教、14分細田(PK) 、33分立教

シンプルなサッカーっていうのはただ蹴ればいいというのではない。
余裕があっても簡単にダイレクトにパスを出すとか、相手のマークが甘くてフリーの選手がいたらすかさず縦へのパスを出すとかだと思う。

この試合は相手のマークがほとんどないような場面が多かったのにも関わらず、とことん、そこをつくようなことがなかった。
得点シーンはそれを実行出来たのに。
ボールを持ってこねくり回していたり、遊んでいる必要もないのに、時間がもったいなかった。

GKへの容易なバックパスも目立った。なるべくならしない方がいい。
リターンパスとバックパスは違うと思うが、オラァはバックパスが嫌いなんである。
確率論ではすくないかもしれないが、かっさらわれて失点という場面が見られないことはない。
不用意なパスをすべきではない。

要はいいリズムでサッカーをすることだ。
もちろん相手コートでだ。これが前提だ。
動きながらのダイレクトパスが三本つなげられればチャンスになる。
これが出来るかどうかだと思う。
たとえ失敗して相手に渡ったとしても、動きがあってさらに前方へのパスで取られたなら怖いことはないのである。
うちのチームの前目の選手はドリブラーが多い。ドリブルで崩すことも重要だが、ポンポンポンとシンプルなサッカーも勇気を持ってしてほしい。
はたいて、もらい、またはたく、も一度もらって、そこからペナにドリブルで突破してシュートのイメージだ。
シンプルなサッカーのイメージを作ってもらえたらもっとチーム力がアップすると思う。
もっと幅のある魅力的な選手になる。

来週は公式戦第6節vs初声FC戦だ。
リーグ開幕戦の時のような緊張感を持って試合に臨んでほしい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/16039686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-08-01 06:15 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)